【都市伝説的ニュース】2019年初(1/21)スーパームーンと月にまつわる噂 

シェア宜しくお願いします。

皆様こんにちわ!またまた、都市伝説的ニュースがありましたので、お話させていただきたいと思います。新年早々に意外と衝撃的なニュースが多いと思いませんか?

今回は、地球と密接な関係にある月について触れていきたいと思います。

2019年初のスーパームーン【ニュース】

一般的に、日本で見られるスーパームーンは2月20日とされていますが、今回見られる1月21

日のスーパームーンと2月20日のスーパームーンは地球との距離はさほど変わらず、NASAで

はどちらもスーパームーンと定義している。そしてアメリカやヨーロッパの一部では、1月20

日〜21日の夜にかけて赤い月の、皆既月食が見られると話題となっており、スーパーブラッド

ムーンとしてメディアでも取り上げられています。残念ながら今回、日本では皆既月食は見る

ことは出来ない。

因みに正確な満月の時間は日本では、14:16であるため、同日夕方頃に上ってくる月がスーパ

ームーンとなり、1年で確認できる満月の大きさと比較しても今回のスーパームーンは約15%

ほど大きく、明るさも約30%明るいとされています。

スーパームーンとは?

そもそもスーパームーンとはなんでしょうか?

そもそも、天文学術で利用される言葉ではなく、占星術で利用されていた言葉が、現在でもつ

かわれています。満月、又は新月が地球へ接近し大きく見えることを定義しているが、スーパ

ームーンについて正確な定義は存在していないく、月と地球の距離もはっきりはしていない。

しかし、これまでの月と地球の距離から、約36万キロメートル以内の満月および、新月を
ーパームーンと呼ばれている。
関連記事




シェア宜しくお願いします。

フォロー宜しくお願いします。