【都市伝説的ニュース】1/17屋久島近隣の島で大規模な噴火が発生 地震の予兆か?

シェア宜しくお願いします。

皆様こんにちわ!またまた、都市伝説的ニュースがありましたので、お話させていただきたいと思います。新年早々に意外と衝撃的なニュースが多いと思いませんか?

やはり今年は何かあるのかもしれません。今回は都市伝説感は激薄ですが、ニュースとしてご覧いただければ幸いでございます。

口永良部島で噴火発生【ニュース】

※画像はイメージです。

本日、17日 午前9:19頃 鹿児島県屋久島町、口永良部島の新岳が大規模な噴火が発し、火口から6000メートルにも及ぶ噴煙上がり、火砕流が多方向へ流れ出た様ですある。

口永良部島には71世帯 訳100人が暮らしているが、噴火発生後に屋久島町の防災無線により番屋ケ峰避難所と言う火口より5キロ離れた場所へと呼びかけられた。

現在のところ人的被害は確認されておらず、火砕流は居住地域には至っておらず、噴火警戒レベル3(入山規制)は引き続き維持されている様子だ。

気象庁によると、噴火は15:27分まで継続したが現在は停止した。しかし、今後も同様の噴火に警戒が必要とのことだ。

口永良部島とは?

平成24年に屋久島の国立公園地域共に、口永良部島の全域が「屋久島国立公園」として指定さた島で、島の括れた部分を境として西部の地域を古期火山群地域、東部の地域を新規火山群地域として分けられている。島の最高部は古岳の頂点657メートルでほとんどが崖となっていおり、低地は海岸のごくわずかにしか見られない。

新岳が火山活動を続けており、今回噴火したのがこの新岳である。自噴温泉があり、肉用牛の飼育が盛んな島である。

そして実際の場所はやはり、GoogleMAPさんを見るのが一番ですよね。屋久島から西方約12キロメートルに位置する島でかなり屋久島との距離が近いですね 。

関連記事




シェア宜しくお願いします。

フォロー宜しくお願いします。