【都市伝説的ニュース】違法工事だったサグラダ・ファミリアと巨匠の隠されしコード

皆様こんにちわ!今回は世界的有名建築サグラダファミリアについて衝撃の事実がありましたのでご紹介いたします。タイトルの通りではあるりますが、都市伝説的ニュースもありますので、最後まで読んでいただければ幸いです。

過去の都市伝説的ニュースもご確認ください。記事の最後にはタイトル別に分けておりますのでそちらからもご確認いただけます。

ガウディ建築、サグラダ・ファミリアが違法建築だった【ニュース】

Patrice AudetによるPixabayからの画像

1882年より工事が続いているスペイン、バルセロナの世界遺産であるサグラダ・ファミリア教会がこれまで137年間、違法工事であった設計を手掛けた建築の巨匠アントニ・ガウディは1885年にバルセロナの自治体に建築申請をするが、2016年になるまで無許可のまま進められていたことが発覚しました。このサグラダ・ファミリア教会はカトリックの教会であり、協会側が自治体に対して、460万ユーロ、日本円にしておおよそ5億6千万円を支払い、違法工事に終止符を打ち、合法建築となりました。この申請費用として協会が支払った5億6千万円は年間450万人もの観光客が訪れ交通整備など混雑の解消の為に使われるそうだ。又、サグラダ・ファミリアガウディ死後100年となる年、2026年に完成予定である。

都市伝説的ニュース

出典:Wikipedia

ガウディの違法工事は知らなかったので、正直驚きでした。しかし、何故違法工事が、いままで取りやめられずに100年以上もの間取りやめにならなかったのでしょうか。

何かしらの力があったからと考えるのは私だけでしょうか?

偶然か必然か着工が1882年、計算がずれていなければ、完成は2026年でありその期間144年間となります。数字の力はこれまで悪魔の数字(666)くらいしか当サイトでは触れていませんが、この144年と言う数字を14+4=18とみてください。こじ付けと思っても構いません。

更に18を分けると6+6+6+=18となり666と悪魔の数字が表れます。偶然でしょうか必然でしょうか。

しかし、それだけではありません、ガウディ建築の中には公園も含まれており、サグラダ・ファミリアと同じく、スペインのバルセロナにあり、その公園の名前はグエル公園と言います。

グエル公園にはわかる人にはすぐわかりますが、フリーメイソンのシンボル全能の目が一番目立つ位置にあります。ただの△のモニュメントと思う方はそれでもかまいません。

さて、ここまでで感の良い方ならお分かりになるかと思いますが、アントニ・ガウディフリーメイソンだったのです。それにはまだ理由があります。

もちろん、サグラダ・ファミリアにも多く残されています。まずはフリーメイソンの階級表を見て頂きたいのだが、今回注目すべきは33階級あるうちの18階級です。

18階級の属名はバラ十字騎士団(Knight of The rose croix)の上の画像の通り、フリーメイソンシンボルマークのコンパス()と定規()の中に十字架(✝)そしてペリカンが描かれています。

出典:What to do in Barcelona

実際に目立つ形でフリーメイソン18階級のシンボルペリカンがサグラダ・ファミリアにもあしらわれています。

さらに、有名なコードで言うと、生誕のファサードにはマリアの手にはこちらも目のマークがそして、受難のファサードには魔法陣と呼ばれる16文字で構成される魔法陣があしらわれています。

出典:スタイルブック

因みに受難のファサードにある、魔法陣はイエスとイスカリオテのユダの像の横に存在しイスカリオテのユダはイエスを裏切った13番目の使徒と言われています。そのユダの後ろには、3大宗教では古より、悪魔の化身と言われる蛇があしらわれている。

そしてイエスの背後にある魔法陣は面白い事にまたもガウディコードが隠されている。

先ほどフリーメイソンの話で33階級とお伝えしておりますが、縦・横・斜めすべて合計が33になるのです。これはただの偶然でしょうか?

横列の合計

①+⑭+⑭+④=33

⑪+⑦+⑥+⑨=33

⑧+⑩+⑩+⑤=33

⑬+②+③+⑮=33

縦列の合計

①+⑪+⑧+⑬=33

⑭+⑦+⑩+②=33

⑭+⑥+⑩+③=33

④+⑨+⑤+⑮=33

斜め列の合計

①+⑦+⑩+⑮=33

④+⑥+⑩+⑬=33

フリーメイソンの中ではこの33と言う数字が非常に大切な意味合いがある様だ。

因みにこれは意味合いを持っているのかはわからないがすべての数字を合計すると139

となり、悪魔の数字の方式で1391+3+9にすると合計は13となる。また、先に挙げているガウディの作品である、グエル公園にも13と言う数字が刻まれています。

何の因果かわかりませんが、5年後の2024年に新紙幣発行へ 日本紙幣の歴史と新紙幣人物

で触れた1ドル札に記されているアメリカの国章E pluribus unum(エ・プルリブス・ウヌム)にも多く13と言う数字が出てきています。

今まで取り上げた内容にはかなり多くの数字の謎が出てきていますので、また別の機会に紐解いていきたいと思います。(数字に関する謎は難しいので時間を下さい。)

サグラダ・ファミリアの地下にはアントニ・ガウディの墓があります。彼の墓の上にはマリア像がありますが、ガウディが生存当時は女性の神を崇拝することは禁じられていたといいますが、ガウディマリアを崇拝していたようである。

それは先ほどから何度も出てきているグエル公園にもあり、公園の一部に逆さにMARIAと書かれている場所がある。この逆さのMARIA文字は隠し文字としてと言う意味合いと上(天)から読めるようにと言う意図があるようで、この天から読めるようにと言うのが非常に重要だと考えられます。

神=天と言うのは何故でしょうか?これまで当たり前化の様に神様は上にいると考えられていますが、我々の上にあるのは空でありその先は宇宙が広がっています。

あくまでも私個人が選んだ考察ですがやはり、人類の起源は宇宙人(アヌンナキ)にあるのではないかと思えてなりません。

最後となりますが、2026年にサグラダ・ファミリア教会は完成予定となりますが、昨日ご紹介した。人類火星移住計画へ前進!!NASAが2033年までに、そして民間人ISSへの乗り込み来年にもでお話しした人類火星移住計画の予定年号と一致しますね!これも非常に気になります。

2026年にこれまでお話ししてきた事の一部は事実として発覚してくるのではないでしょうか。

都市伝説的ニュース バックNo


      1. 新年早々3日早朝 徳島県剣山上空で火球の目撃談が!!
      2. 27年ぶりの値上げポピュラーなドリンク コカ・コーラ
      3. 地球外生命体からの信号か?中国が月の裏側に到達!!
      4. 1/17屋久島近隣の島で大規模な噴火が発生 地震の予兆か?
      5. 2019年初(1/21)スーパームーンと月にまつわる噂
      6. ローマ教皇 38年ぶりの来日決定?
      7. 2019年 人類滅亡までのカウントダウン 世界終末時計の残り時間
      8. キューバでも隕石落下か?飛び交う憶測
      9. 地震の前兆か??日本海域で深海の使いが目撃される
      10. 2019年(2/20)2回目で今年最後のスーパームーン 知られざる月の力
      11. テンプル騎士団との繋があった中世ヨーロッパの十字軍騎士のミイラが破壊
      12. 天才物理学者アルベルト・アインシュタインの手紙がオークションにその内容とは??
      13. Facebook CEOザッカーバーグ インターネットへの警鐘
      14. 新元号【令和】からみる新世界秩序の序章
      15. ディープ・インパクト!!6500万年前の隕石落下と恐竜絶滅の証拠が見つかる!!
      16. 仏北西部の村、ロゼッタ・ストーンの発見か?謎の文字が刻まれた岩の解読に懸賞
      17. 豪研究チームが50年冷凍保存された生命体の解凍蘇生に成功??
      18. 5年後の2024年に新紙幣発行へ 日本紙幣の歴史と新紙幣人物(保存版) 
      19. 4本の足を失った猫、義足を手に入れ安楽死をまぬがれた!!
      20. 人類火星移住計画へ前進!!NASAが2033年までに、そして民間人ISSへの乗り込み来年にも

その他シリーズ

■都市伝説
メインの都市伝説をお届けするシリーズです。
■フリーメイソン
都市伝説には欠かせない秘密結社フリーメイソンに関連する記事です。
■ミステリースポット
世界に点在する、絶景スポットや謎多い場所などをご紹介する記事であり都市伝説とのつながりも関係する場所なども紹介するシリーズです。
金曜ロードショー
日本テレビで放送される番組で、放送される作品に関する記事です。作品の豆知識や都市伝説などがあれば合わせてご紹介するシリーズです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする