【都市伝説的ニュース】仏北西部の村、ロゼッタ・ストーンの発見か?謎の文字が刻まれた岩の解読に懸賞金

皆様こんにちわ!今回は、フランスのブルターニュ地方にある、プルガステル・ダウラ村で都市伝説好きに気になるであろう謎の文字体が刻まれた岩についてのニュースがございましたのでご紹介いたします。これまでにもジョージア・ガイドストーンフゴッペ洞窟について触れてきましたが、今回のこの件はこれまでとは少々違った形です。

過去の都市伝説的ニュースもご確認ください。記事の最後にはタイトル別に分けておりますのでそちらからもご確認いただけます。

岩の謎を解くために村が懸賞金25万円の懸賞金をかけた【ニュース】

Deborah BatesによるPixabayからの画像 

フランスの大手メディア、AFP通信によると、フランス北西部に位置する、ワインの名産地としても有名なブルターニュ地方の村、プルガステル・ダウラ村で、ロゼッタ・ストーンではないかと噂される岩があるといいます。

何故噂どまりなのかだが、4年ほど前にこの岩が見つかってから、地元の専門家が調査を進めているが解読が出来ておらず、推測として数世紀前のものとみられている様である。といった情報しかないからである。

出典:Wikipedia (ロゼッタ・ストーン)

このダウラ村の岩に刻まれる文字は、アルファベットで刻まれている様ではあるが、何語で刻まれているのかわかっていない為、解読が進まない様である、ダウラ村の村長の話では、バスク語で書かれているといった者がいればブルトン語だと主張するものもいると話している様である。

AFP通信の情報によると岩に刻まれている文字の一部が以下である。

ROC AR B... DRE AR GRIO SE EVELOH AR VIRIONES BAOAVEL... R I OBBIIE: BRISBVILAR... FROIK... AL.

又、上記の文字列以外にも、【1786】【1787】と数字の文字列があり、これは単純に年号として受け止めている様で、地元の解読班は、1786、1787の年号はフランスの都市ブレストを守るために建造されたコルボー要塞の建造年とおおよそ等しく、それらに関係するものではと言う者もいる。

とは言えその先の解読らしい解読はできておらず、村はこの岩に刻まれる文字の解読に懸賞金として2,000ユーロ、日本円でおおよそ25万円を設定し、考古学者や言語学者、学生など幅広く解読の呼びかけを行い、最終的にはプレゼンの様な形式で審査員が最も可能性のありそうなものを選定し賞金を与える予定とのこと。

あらゆる言語、歴史等に学がある方であれば是非解読、応募してみてはいかがでしょうか。

都市伝説的ニュース

WikiImagesによるPixabayからの画像 

今回ダウラ村で解読の為に懸賞金が欠けれれている岩に刻まれた数字【1786】【1787】を年号とした場合の話ではあるが、フランス革命【1789】が勃発する目前の年でもあります。もちろんフランス革命は世界史上の代表的な市民革命であることは皆様もご存知かと思います。

そこで今回の都市伝説ニュースとしては、フランス革命の立役者達とその組織について軽く触れておきます。

フランス革命を起こした中心人物には皆様も義務教育で習った、三権分立(立法、司法、行政)を唱えた、モンテスキュー、フランス革命初期の指導者であった、オノーレ・ミラボー、フランス革命期では最も権力を持っており、恐怖政治で恐れられた、ロベスピエールなどがいた。

彼らはそれぞれ大きな役割を担い人民と結託し、王政の打倒を実現させたのであるが、上に挙げた3名はフリーメイソンのメンバーであったのである。

また、フランス革命には3名の他にも多くのメイソンメンバーが関わっており、国民議会の3分の2を占めていたとされています。

フランスメイソンの起源はイギリスからもたらされており、そのメイソンの制度や教義をフランス国内の知識層が歓迎し1756年パリにフランス初のグランド・ロッジ【グラン・ロージェ・ナショナル】が設立された。メイソンが受け入れられた理由としては支配階級の権力に対抗でき、今のメイソンの思想にも受け継がれている自由、平等、兄弟愛がその理由と考えられている。

その後1773年には、フランス大東社が発足され、肥大化したロッジ間での内部分裂が起き、フランス大東社が権力を握っていくこととなる。そのほかにも、フランス大東社側についてロッジはスコッチ・メイソン派のフランス大ロッジや男女平等を掲げた混合大ロッジ、英国系のロッジである全国大ロッジなどがあり、そのほかにもフランス国内だけで600を超えるロッジが結託していた。

出典:Wikipedeia

それだけメイソンの思想がフランスには色濃く関りを持っているのである。ちなみに、フランス人権宣言の書には、しっかりとメイソンの思想が含まれており、見た目だけでも、宣言書の上に万物を見通す目などが記されている。

「ラ・マルセイエーズ」

また、ここまで来たら、すでにフランスのメイソンの存在を疑う方はいないと思いますが、フランスの国歌である、ラ・マルセイエーズを作詞作曲したルージェ・ド・リールもまたメイソンメンバーであった。

それだけメイソンは日本人が思うような秘密結社ではなく、歴史ある世界最大級の団体なのである。

ラウダ村の岩に刻まれた文字の解読が進めば、また新たに歴史の紐解きができる可能性はおおいにありますね。

都市伝説的ニュース バックNo

      1. 新年早々3日早朝 徳島県剣山上空で火球の目撃談が!!
      2. 27年ぶりの値上げポピュラーなドリンク コカ・コーラ
      3. 地球外生命体からの信号か?中国が月の裏側に到達!!
      4. 1/17屋久島近隣の島で大規模な噴火が発生 地震の予兆か?
      5. 2019年初(1/21)スーパームーンと月にまつわる噂
      6. ローマ教皇 38年ぶりの来日決定?
      7. 2019年 人類滅亡までのカウントダウン 世界終末時計の残り時間
      8. キューバでも隕石落下か?飛び交う憶測
      9. 地震の前兆か??日本海域で深海の使いが目撃される
      10. 2019年(2/20)2回目で今年最後のスーパームーン 知られざる月の力
      11. テンプル騎士団との繋があった中世ヨーロッパの十字軍騎士のミイラが破壊
      12. 天才物理学者アルベルト・アインシュタインの手紙がオークションにその内容とは??
      13. Facebook CEOザッカーバーグ インターネットへの警鐘
      14. 新元号【令和】からみる新世界秩序の序章
      15. ディープ・インパクト!!6500万年前の隕石落下と恐竜絶滅の証拠が見つかる!!
      16. 仏北西部の村、ロゼッタ・ストーンの発見か?謎の文字が刻まれた岩の解読に懸賞
      17. 豪研究チームが50年冷凍保存された生命体の解凍蘇生に成功??
      18. 5年後の2024年に新紙幣発行へ 日本紙幣の歴史と新紙幣人物(保存版) 
      19. 4本の足を失った猫、義足を手に入れ安楽死をまぬがれた!!

その他シリーズ

■都市伝説
メインの都市伝説をお届けするシリーズです。
■フリーメイソン
都市伝説には欠かせない秘密結社フリーメイソンに関連する記事です。
■ミステリースポット
世界に点在する、絶景スポットや謎多い場所などをご紹介する記事であり都市伝説とのつながりも関係する場所なども紹介するシリーズです。
金曜ロードショー
日本テレビで放送される番組で、放送される作品に関する記事です。作品の豆知識や都市伝説などがあれば合わせてご紹介するシリーズです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする