ミッ○ーマウスの生みの親ウォルト・ディズニーの謎 ー Walt Disney

シェア宜しくお願いします。

皆様こんにちわ!前回はエヴァンゲリオンについてお話いたしましたが、

今回も皆様がよく知っているディズニーランドの生みの親ウォルト・ディズニーについて触れていきます。

ウォルト・ディズニーとは

言わずと知れた、ミッキーマウスの生みの親であり、ディズニーランドの創立者である。

1901年12月5日ー1966年12月15日 アメリカ・イリノイ州シカゴで生を受け、アニメーター、プロデューサー、映画監督などなど、幅広く活躍したエンターテイナーである。

幼少期は父親(鉄道員)の影響もあってか、鉄道が大好きであった。

幼少期から絵を描くことにも興味を持っていたウォルトは、のちに夜間美術専門学校に通って絵の勉強を始め徐々に絵の技術は上達していく。

後にウォルトが書いたのが、皆様もご存知の世界的に有名なミッキーマウスであった。

兄ロイ・ディズニーと共に、キャラクターを複数誕生させ、ウォルト・ディズニー・カンパニーを設立し、その後に、長年構想していた夢である世界初のディズニーパークカリフォルニア ディズニーランド・リゾートを完成させた。

と、ここまでが一般的な情報ではないかと思うが、しかしウォルトそれだけではない。

ある組織に所属しそこで大きな影響を受けた。

ウォルトが所属していた組織

ウォルトは日本ではあまりなじみのない組織に所属していた。

その組織の名は【デモレー団】この組織は、1919年アメリカのカンザスシティで設立された。

入会条件があり入会できるのは12歳~21歳までの青少年の男女であるが、女性の場合は儀式には参加することは出来ないそうだ。デモレーの名前の由来は、テンプル騎士団の最後の総長のジャック・ド・モレーから来ている。

この、ジャック・ド・モレーという人物は王国以上の財産を負っており、それをねたんだフランス国王フィリップ4世によって濡れ衣を着せられ、火あぶりの刑に処され、息絶える前に国王に呪いをかけたとされている人物であった。

デモレー団はただの青年組織ではなく、実はフリーメイソンによってお設立された組織である。つまりはフリーメーソンの青年団と言ってもいいだろう。

そんな組織で、ウォルトはこの組織に19歳で入団し、後にで殿堂入りも果たす存在になっていた。

ウォルトはエッセイで『デモレー団では人生の大切なことを学んだ。』『至高の存在を信じることを学んだ』と述べている。

これはフリーメイソンでの至高の存在のことを指す、その至高の存在とは何の事を言っているんでしょうか。神となる存在の事なのかまたその逆なのか…

とはいえ、華やかなアニメ、リゾート施設のイメージだけではない、裏の一面も見えきましたね。

デモレー団のはがき

関連記事




シェア宜しくお願いします。

フォロー宜しくお願いします。