【都市伝説】ロシアの睡眠実験

シェア宜しくお願いします。

ロシアの睡眠実験

?€?????????????????€??????????????´???????

話は1940年代の終わり頃の話、ソビエトの研究者は5人の囚人を密閉室で封印し、長時間の睡眠不足の影響を実験するために眠らない様に覚醒剤ガスを流した。彼らの行動は、24時間観察され、。彼らは30日間眠らなけば自由を約束された…。

最初の数日はうまくいっていませんでした。しかし、5日目までに、被験者はストレスの兆候を見せ始め、その状況を憂慮した研究者は、受刑者との会話をやめ、代わりにマイク越しに話をする様にした。

「stress」の画像検索結果

9日目に、1人の被験者は叫びはじめ、別の被験者は、数時間にわたって叫んで部屋の周りを走っているのが観察された。その様子はこの世のものでは無い様な叫び越えで声帯が傷つくほどのものであったとの事。しかし中には静かな被験者もいたが、本を裂き始め自分の便でページを塗りつぶしてマジックミラーの窓に貼り付け、観察されないようする者もいた。

やがて、叫び声が止み、被験者は完全にコミュニケーションを止めた。部屋の中から音がなく3日が過ぎました。最悪事態を恐れて、研究者は様子を見るため、檻へ向かい「調査のために部屋を開けるので、ドアから離れ床に這って下さい。言う通りにしなければ撃つ。いう通りにすれば、早めに自由を得ることが出来る」と伝えた。

関連記事




シェア宜しくお願いします。

フォロー宜しくお願いします。