TVで話題沸騰!!お笑い芸人がつくるパラデル漫画の世界

シェア宜しくお願いします。

皆様こんにちわ!前回はFIFAクラブワールドカップについてお話いたしましたが、今回は2018年12月23日にフジテレビ系列で放送された、ワイドナショーで取り上げられた、パラデル漫画について触れていきたいと思います。

パラデル漫画とは

パラパラ漫画の進化形で、飛び出すパラパラ漫画で音響や飛び出す造形についてもこだわって作られている。事はでは、表現が難しいので実際の動画を見ていただくのが、一番だと思います。

結構な迫力がありますね!

作者はどんな人?

出典:吉本興業

プロフィール

コンビ名:魂の巾着(たましいのきんちゃく)

名前:本多修(ほんだおさむ)画像左  相方、金井佑介(かないゆうすけ)画像右

生年月日:1983年4月15日(35歳)

出身地:神奈川県

身長:174㎝

体重:70㎏

血液型:B型

職業:吉本芸人・パラデル漫画家

作者は、本多修で、相方の金井は奥さん、お子さんがいらっしゃるそうで、今はアルバイトをやっているそうです。

経歴

しかし、NSCを出てからは全くウケず、次第に面白いものが出来なくなったといっています。

その後、舞台に出るため、売れない若手芸人はチケットを買い取る必要があるのだが、それを忘れて劇場に出ることができなくなり、謹慎処分を受けていたという。

お金はないけど時間がある状態で、本多はポジティブなのか、好きなことができると喜んで痛そうです。元々、漫才のネタなどを考えるのが好きだったが、当時は全く考えることができなかったく、11年の芸歴を重ねたがうまくいかない状態でやめようと思ってた時期でもあったそうです。

そのタイミングですぐにパラデル漫画を作成したわけではなく、時間を持て余していたころ、

Twitterで今までせいぜい20♡位が最高だったのを、沢山のリツイートを得るにはどうしたらよいか研究をしていたそうです。

その中で、リツイートなどの数字が伸びていたのが、○○してみたの動画で○○踊ってみた等であり、自分が躍ったところで数字伸びないと考えた本田は、絵を書くことが好きだったので、自分で書いた絵をパラパラ漫画で躍らせてはどうだろうと考えたのがパラデル漫画の始まりだったそうです。

しかし、絵を描くために動画をみて絵を書いてと繰り返しているうちに面倒くさいと思い、踊っている途中で頭がとれて、転げ落ちたらどうだろうと思いそれを実現させたところ多くのリツイートがあったそうです。

その後、試行錯誤し、2Dから3Dの絵となり、絵と人や物がリンクするような描写が出来上がったそうです。

パラデル漫画に関するつぶやき

パラデル漫画かなり面白いコンテンツですね、鉄拳のパラパラ漫画も素敵ですが、これは本当に見ごたえのある映像です。やはり芸人さんは物つくりのセンスに長けている方が多いんですね!正直、漫才などは見たことはないですが、ネタも見てみたいと思います。

これからも色々な映像を作っていってほしいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

都市伝説などこんなこと書いて欲しいなどあれば、お問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いでございます。また、一度公開している記事も新しい情報があれば追記していくつもりです、あと、都市伝説以外の記事も更新していきますので宜しくお願いいたします。

その他シリーズ

■都市伝説
メインの都市伝説をお届けするシリーズです。
■フリーメイソン
都市伝説には欠かせない秘密結社フリーメイソンに関連する記事です。
■都市伝説的ニュース
メインの都市伝説とは少し外れ、リアルタイムなニュースとニュースに関する都市伝説をお届けするシリーズです。
■ミステリースポット
世界に点在する、絶景スポットや謎多い場所などをご紹介する記事であり都市伝説とのつながりも関係する場所なども紹介するシリーズです。
金曜ロードショー
日本テレビで放送される番組で、放送される作品に関する記事です。作品の豆知識や都市伝説などがあれば合わせてご紹介するシリーズです。

関連記事




シェア宜しくお願いします。

フォロー宜しくお願いします。