アポロ計画と月面で見つかったミイラ 東洋のモナリザ? かぐや姫?

皆様こんにちわ!前回は人間選別についてお話いたしましたが、今回はアポロ計画及び月面のミイラついて触れていきたいと思います。以前に超絶美少女ミイラについて触れた記事もありますので合わせて読んでいただけると楽しいかと思います。

アポロ計画について

そもそもアポロ計画とはどのような目的を持った計画なのでしょうか。

完結に言うと、最終目的として、人類を月面へ到達させる為の計画である。

アポロ計画が初め有人飛行に成功したのは1968年に発射されたアポロ7号であった。

アポロ7号は地球周回軌道上を11日間にわたって、飛行試験を行う事であった。

それから8号、9号、10号と宇宙空間での船外活動などを経てアポロ11号

人類が初めて月面に到達します。その時の船長、ニール・アームストロング

有名な一言を残しています。

これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。

アポロ11号の後は13号の事故を除いて17号まで有人飛行および月面着陸に成功しています。

しかし、何故、アポロ計画は17号で終わってしまったのでしょうか?

いや、本当に終わったのでしょうか?

本来、20号まで計画はされていて、さらにはアポロ19号まで機体は出来ていたそうです。しかし、表向きでは11号の月面着陸以降は国民の関心度も下がり、さらにはアポロ13号の事故、により反対の声も多く上がっていたと言います。

しかし、現代では有人飛行ではないものの、火星にまでロケットを飛ばし、無人ローバーで情報を取得できているにもかかわらず、技術の進歩がある今にもかかわらず、月面の有人飛行が行われないのは何故なのでしょうか?

実は、アポロ20号まで月に向けて飛ばされていたんです。何故、更改せずに秘密裏に月への

飛行が行われていたのか、それはアポロ15号の月面調査の時に見つけたあるものが関わっているといいます。

アポロ15号は月面探索で初めてローバーが使われ、山岳地帯を28km移動し3日間滞在した。

その際に月の裏側でドーム状の人工建築を発見し、撮影までしていたという話があります。

公には、77kgの岩石を持ち帰ったとされていますが、岩石だけではなく、月にあった

人工物も持ち帰っていたというのです。人工建築を発見しただけでも、かなりの大発見です、

しかし一番の発見は月の裏側で見つけたアジア人の見た目をした女性のミイラだったのです。

ここで余談ですが、皆様はアポロ計画の着地地点を見たことがあるでしょうか?広大な月の地

のほぼ一か所にアポロは着地しているのです。google moonを見ていただくと、アポロ着地

地点がわかります。これを見るとますます、なぜ月の裏側がないのか不思議ですよね?

月の裏側の人工建築などの噂が本当であれば、なぜNASAは月の裏側をひた隠しにするのか?

コメント

  1. 名無し より:

    フェイクってもうわかってるのに笑夢追いすぎだろ(笑)

    • yaruminaty より:

      ご連絡が遅くなり申し訳ありません。夢を追いすぎなのはたしかにごもっともですね…ただ、事実がわからないので都市伝説と言う言葉が出来たのかと思いますし、
      私個人的にはこの様な夢物語が好きです。名無し様も少なからず興味があって当サイトを閲覧いただけたのかと思います。
      弱小サイトにコメント頂きありがとうございます。最近諸事情で更新が滞っておりますが、6月より再始動致しますので、機会があればまた閲覧いただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました