エジソンの影に隠れた天才発明家 ニコラ・テスラ - Nikola Tesla

シェア宜しくお願いします。

皆様こんにちは

今回は皆様も耳にしたことがある事でしょう二コラ・テスラのお話をします。

天才発明としてはもちろん有名ですが、都市伝説に欠かせない存在なのではないでしょうか。

二コラ・テスラ

1856年7月10日 – 1943年1月7日 享年86歳

19世紀中期から20世紀中期の電気技師であり発明家。8か国語とバイリンガルであり、音楽、哲学などにも精通していた。

交流電流、ラジオ、ラジコン、蛍光灯などをはじめとし、空中放電実験で有名なテスラコイルを発明、ワイヤレス電力伝送システムを唱えた人物としても有名である。

磁束密度の単位にもテスラの名前を残している。

テスラには7歳離れたデンという兄がいた、デン・テスラは二コラ・テスラ以上の神童と言われており、兄を上回るため勉強を重ねていた、その頃は数学の才能が突出していたとされる。

デン・テスラは二コラ・テスラが5歳の頃に亡くなったとされており、早くして亡くならなければ、二コラ・テスラの才能も霞んでしまう程の才能だったとされている。

1881年には交流電動の代表である、誘導電動機の開発に成功する。

エジソンの出会い

1884年渡米後、テスラは偉大な発明家【トーマス・エジソン】の経営する会社エジソン電灯会社で働き始める。しかし、エジソンが発明するものは直流送電の発明であり、テスラが発明するものは、交流送電であった。

テスラは交流による電力プロジェクトを提案するも直流送電にこだわりを持っていたエジソンはそれを認めず、溝が浮き彫りとなり。テスラは1年もたたずとしてエジソンのもとを離れることとなる。

のちに、交流送電を採用していたテスラおよび、ジョージ・ウェスティングハウス・ジュニアと直流送電を採用していたエジソンとの間で電流戦争が勃発するが、エジソンは敗北する。

また、余談ではあるが、エジソンはヘリコプターの発明もするが安全面を気にするあまり、実際に制作に取り掛からず、最終的にはライト兄弟に先を越されてしまうといった残念な一面もある。

関連記事




シェア宜しくお願いします。

フォロー宜しくお願いします。