全人類が生まれながらにして持つ力と深層心理でつながる宇宙図書館アカシックレコード

シェア宜しくお願いします。

皆様こんにちわ!前回は日本のペトログリフ、フゴッペ洞窟についてお話させていただいていました。リアルタイムのニュースと都市伝説を紐づけした都市伝説的ニュースシリーズもはじめましたので見ていただければ幸いでございます。

それでは、早速本題に入りたいと思いますが、皆様はアカシックレコードと言った言葉をご存知でしょうか?昨今、Mr都市伝説との対談で大きな注目を集めているダリル・アンカ(バシャール)が行っているチャネリング、高次元の存在との通信を可能とする存在である。

アカシックレコードはそんなチャネリングを語る上では切っても切り離せないものなのです。

アカシックレコードとは

それではまずアカシックレコードとは何かといいますと、回りくどい言い方でいうところの元始から未来にかけての全て世界で起きる事象、また各個人の感情やアイデアが記録されているという世界記憶の事をその様に呼びます。

簡単にいうと、宇宙図書館です!いや、宇宙インターネットと言うべきでしょうか、これまでの歴史や、発明、デザイン、物語などなどすべて必然とは言いませんが、全てが偶然、奇跡などと言う言葉でかたずけられないと思いませんか?あくまでも一説ではありますが、過去の偉人のアインシュタインエジソンなどもアカシックレコードにアクセスしてアイデアや理論が生み出されたのではないかとも言われているそうです。

出典:Wikipedia

少し話は脱線してしまいますが、当サイトで過去に挙げたSNSの危険性の中で名前を挙げたことがある元NSA、CIAの局員エドワード・スノーデンの映画スノーデンの作中に個人情報をもとにCIAの局員が人間関係を操作し操られているシーンがありました。

それを見てからは、偶然、奇跡と言う言葉は個人的に使わなくなり、逆に必然、起こるべくして起こっていると考える様になったのです…。今回の件とはだいぶ離れていますが、皆様もぜひ映画スノーデンを是非一度見てみてください。

話を戻しますが、アカシックレコードはあくまでも理念や思想と言うべきものかもしれませんが、アカシックレコードの語源はサンスクリット語でアーカーシャの記録を意味するもので、仏教用語でいうところの「虚空」「空間」「天空」を意味する言葉です。

かなりマニアック、オカルトチックなことを言っているかと思われるかもしれませんが、皆様の身近なところにもアカーシャの理念は埋め込まれているんです、一番身近なのは占いですね

占いを信じない方もいます、私個人もそうですが、アカシックレコードにアクセスできる存在の占い師はよく当たるそうですよ?全ての占い師がそうとは限りませんが、仮にこのアカシックレコードにアクセスできる占い師の占いであればすでに予言ですね。

ここまで力説してみたものの、私もまだアクセスできていませんし、科学的根拠はないので、信じる方はいろいろと調べてみると楽しいかもしれません!

しかし、はまりすぎて怪しい宗教やねずみ講にはご注意ください。

アクセスするには瞑想しアカシックレコードに周波数を合わせる必要があるようなので…。

少し理解していただけたところでアカシックレコードを語る上で欠かせない思想、用語達をご紹介いたします。

瞑想、周波数調整に関する用語について

Pixabayの4144132による画像です

ご説明前に、個人的に都市伝説に興味を持つ前はオカルトが好きでいろいろと調べたことがありました、それは幽体離脱についてです、この話題については出来るわけないと思いながらも【幽体離脱 方法】でよく検索していまたものです。

検索結果の内容は10数年前に耳にしたことのある、4次元と言う怖い話とドラゴンボールの世界を混ぜたような話だったのですが、なかなか浮世に飛んでいて面白かったのを覚えています。

とはいえ、結果としてはできるわけもなく、断念したのですが、面白い事にアカシックレコードにアクセスする方法と類似点が多いんです、基本的には瞑想が必須なわけなのですが、幽体離脱とは実際に霊体となって客観的に見ているわけではなく、思想などを元に至高の存在にアクセスし客観的に自分を見詰め直す、といった事だったのではと最近思っているのです。

それを思わされたのはやはりバシャールの存在なのですが、バシャールを語る上で欠かせない用語についてまずはご紹介いたします。

バシャールをご存知ない方は今後、Mr都市伝説との対談の話の考察で記事を書く予定ですが、動画や、他サイトにも多く情報がありますのでそちらを見てみてはいかがでしょうか。

関連記事




シェア宜しくお願いします。

フォロー宜しくお願いします。