【都市伝説的ニュース】地震の前兆か??日本海域で深海の使いが目撃される

皆様こんにちわ!今年に入ってから、地震や噴火、隕石目撃などさまざまなことが起こって

いますが、今回も珍しいものが多数目撃されているといった情報があります。

事神入ってからの都市伝説的ニュースに関しては当記事の最後に記述していますので是非ご

覧ください。

竜宮の使い(リュウグウノツカイ)多数目撃【ニュース】

1月23日に富山湾の沖合で定置網に2匹がリュウグウノツカイがかかった。

これをはじめとして今年に入ってからめったにお目にかかれない深海魚が6多く定置網に

かかったり、海岸に打ち上げられているのを本日までに6匹も目撃されているのだ。

リュウグウノツカイメガマウスラブカといった珍しい深海の魚類であるが、これらは

メガマウス 出典:暮らしーの

目撃されるのが珍しく、言い伝えなどで天災が起きる予兆とよく言われている。

その事から、インターネット上では大地震が起きるのでは?などと心配の声が上がっている。

先に上げた様に、今年に入りまだ2月初めと言うのにさまざまな事が起こっており、地震の心配をするのはおかしな事ではないだろう。

ブカ 出典:おもしろ生物生物図鑑

昨今、南海トラフ地震なども懸念されているのでそれらが重なっての事もあるのかもしれません。とは言え、災害に備えて準備を整えて置くことは何かの役に立つことでしょう。

リュウグウノツカイとは

出典:Web move

全身が銀白色で背ビレなど部分的に鮮やかな紅色をまとった神秘的な姿をしている事から

和名ではリュウグウノツカイと呼ばれる。生物的分類としてはアカマンボウ目リュウグウ

ノツカイ科に属する魚であり、平均的なサイズとしては全長は3m程であるが最大では

10mを超える長さで体重270㎏を超した個体も報告されている。

リュウグウノツカイの生息域は陸から離れた外洋深海であり、群をなして行動することが

ないことから、様々な噂が飛び交い天変地異が起きるなど言い伝えられてきた。

因みに、リュウグウノツカイは食べることが可能でぷりぷりの身でえびの様に甘いそうだ。

出典:X図鑑

とは言えどこで食べられるのか疑問ですが、もしリュウグウノツカイを食べれる機会があれば

是非食してみてください。

都市伝説的ニュース

リュウグウノツカイ一度は見てみたいものですが、今回のような事は早々ないですし巨大なものとなるとなおさらお目に掛かれませんよね。それはそうと、皆様は海についてどれほど知っているでしょうか?少々雑な質問ですが、さまざまな生物がいることは皆様もご存じと思いますが、実は、海底の90%以上はいまだに解明されていなという事実はご存知でしたでしょうか?陸地と海洋の比率は3:7でかなりの面積がある為解明されていなことも多いはずですね。

そうなるとどうしてもUMA(未確認生命体)の存在がついて回ります。

それでは今回は海のUMA3選をご紹介したいと思います。

海のUMA3選

1.クラーケン

巨大なタコやイカの様な姿で表現することが多い、北欧で言い伝えられている海の魔物

の総称であり、古代から漁師をはじめとする船乗りにとって脅威であったと言い伝えら

れいる。タコの姿であらわされることが多いが、一説では大王イカなのではないかとも

言われている。

出典:UNMYST3

1896年アメリカ合衆国フロリダ州の砂浜で発見された、8メートルを超える頭足類

の足の形状をした生物の一部分で、当時の見解では、全長25メートルを超える頭足類

すなわちタコ、イカなどの触手であると結論付けられ、セントオーガスティン・モンスター

と呼ばれていたようだ。全貌が確認できている画像、動画などは存在していないが、過去

には船を襲うなど、目撃者も多数いることから、全く架空の存在ではないようだ。

実際タコも獲物を捕食する際や、漁などでタコを捕まえた際はかなり攻撃的で、シュノー

ケルを取ったり、口をふさいだりとなかなかの頭脳を持っている様である。

2.グロブスター

出典:VIRALPRESS

海岸に漂着する謎の肉塊であり、グロテスク・ブロブ・モンスターの略語である。

基本的に腐食が激しいものばかりで、いまだにこれらがなんなのか明確にはなっていない。

専門家の話ではクジラの死骸で表皮がはがれ筋肉の繊維が露呈し画像のように毛の様に見

えるのではないかと語られている様である。

しかしながら、1メートル未満のものや10メートルを超えるものまで大きさ、形状は様々な

ため、一部ではシーサペントではないか?といった説があり噂を読んでいる。

科学的な根拠や、現地の情報ではないのだが、個人的には氷漬けとなっていたマンモスが

温暖化の影響によって氷が溶け、海に流され長い間漂流した後に海岸に漂着したものなの

ではないかと考えます。といった様に臭い、見た目はなかなかグロテスクですが、この存在

事態がロマンがありUMA界に君臨している。

3.ニンゲン

日本の調査捕鯨船の乗組員が目撃したとされている、全身が真っ白で全長数十メートルの生命体。写真撮影しても氷山のようにしか見えないが、画像を拡大するとニンゲンの表皮はつるつるしていて割りと不定形であり人工物ではないようだという。学習研究社の雑誌『ムー』では、フライング・ヒューマノイド、海坊主と関連付けられ、同一の存在ではないかという推測を立てている。『ムー』2007年11月号にはGoogle Earthにニンゲンが写りこんでいるという記事がある。

以前にもこのUMAの存在は取り上げており、アニメエヴァンゲリオンに登場する使徒にそっくりですね!他サイトによると、グーグルマップにも似たような姿が映し出されていたようだが、現在確認してみても画像の拡大に限界があるようで確認が出来ない。

緯度経度=7 36 14 48 S 15 29 19 77 E

都市伝説的ニュース バックNo

    1. 新年早々3日早朝 徳島県剣山上空で火球の目撃談が!!
    2. 27年ぶりの値上げポピュラーなドリンク コカ・コーラ
    3. 地球外生命体からの信号か?中国が月の裏側に到達!!
    4. 1/17屋久島近隣の島で大規模な噴火が発生 地震の予兆か?
    5. 2019年初(1/21)スーパームーンと月にまつわる噂
    6. ローマ教皇 38年ぶりの来日決定?
    7. 2019年 人類滅亡までのカウントダウン 世界終末時計の残り時間
    8. キューバでも隕石落下か?飛び交う憶測
    9. 地震の前兆か??日本海域で深海の使いが目撃される
    10. 2019年(2/20)2回目で今年最後のスーパームーン 知られざる月の力
    11. テンプル騎士団との繋があった中世ヨーロッパの十字軍騎士のミイラが破壊
    12. 天才物理学者アルベルト・アインシュタインの手紙がオークションにその内容とは??
    13. Facebook CEOザッカーバーグ インターネットへの警鐘
    14. 新元号【令和】からみる新世界秩序の序章

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする