【都市伝説的ニュース】2019年初(1/21)スーパームーンと月にまつわる噂 

皆様こんにちわ!またまた、都市伝説的ニュースがありましたので、お話させていただきたいと思います。新年早々に意外と衝撃的なニュースが多いと思いませんか?

今回は、地球と密接な関係にある月について触れていきたいと思います。

2019年初のスーパームーン【ニュース】

一般的に、日本で見られるスーパームーンは2月20日とされていますが、今回見られる1月21

日のスーパームーンと2月20日のスーパームーンは地球との距離はさほど変わらず、NASAで

はどちらもスーパームーンと定義している。そしてアメリカやヨーロッパの一部では、1月20

日〜21日の夜にかけて赤い月の、皆既月食が見られると話題となっており、スーパーブラッド

ムーンとしてメディアでも取り上げられています。残念ながら今回、日本では皆既月食は見る

ことは出来ない。

因みに正確な満月の時間は日本では、14:16であるため、同日夕方頃に上ってくる月がスーパ

ームーンとなり、1年で確認できる満月の大きさと比較しても今回のスーパームーンは約15%

ほど大きく、明るさも約30%明るいとされています。

スーパームーンとは?

そもそもスーパームーンとはなんでしょうか?

そもそも、天文学術で利用される言葉ではなく、占星術で利用されていた言葉が、現在でもつ

かわれています。満月、又は新月が地球へ接近し大きく見えることを定義しているが、スーパ

ームーンについて正確な定義は存在していないく、月と地球の距離もはっきりはしていない。

しかし、これまでの月と地球の距離から、約36万キロメートル以内の満月および、新月を
ーパームーンと呼ばれている。

都市伝説的ニュース

最近、中国の月面探査機が月の裏側(ダークサイド)に着陸したばかりですが、またまた月の話題です。さてそれでは、皆様は月についてどれくらい知っているでしょうか?これまでに月にまつわる話はアポロ計画、東洋のモナリザについて触れていますが、今回スーパームーンが見えるということで、スーパームーンにまつわる噂と、月の誕生説、月の存在について触れてまいります。まず皆様は月の誕生についてご存知でしょうか?月の誕生には4つの説があります。

4つの月誕生説

月は約45億年前に誕生したと言われておりますが、実際にどの様に誕生したのでしょうか?

いまだ明確に正しい説は唱えられていませんが、大まかに分けて4つの説があります。

分裂

ジョージ・ダーウィンによって提唱された説で、地球が高速で回転した結果、地球の一部が欠けて、月になったとされる説です。しかしながら、固い地球の性質から考えると、地球の一部が分離するには、現在では考えられない程高速で回転する必要がありあまり有力な説としてとらえられていません。

兄弟

地球が誕生したときに月も同時に生まれたという説です。同時期に誕生したのであれば、月と同じ歴史があったはずですが、月にある物質を調べると、過去に高温にさらされたことがある事が分かっている。しかし、地中では、それは確認する事が出来ておらずこの説もあまり有力と言えるものではないようです。

捕獲

月は地球とは全く別なところで誕生し、のちに地球の引力によって引き寄せられるたという考え方です。しかし理論上、宇宙空間にある惑星を地球がの引力によって引き寄せることはきわめて難しく、可能性はかなり低いとされる説です。

ジャイアント・インパクト説

原始地球に火星程の大きな惑星が衝突し、その一部が月へと形成されたと言う説です。誕生したばかりの月は地球から僅か2万キロメートルしか離れていなかったが、徐々に地球との間の潮汐力で地球から遠ざかり、現在の位置、地球から約38万キロメートルの軌道まで移動したと考えられる説です。現在はこの説が最も有力と考えられています。

これまで4つの仮設を取り上げましたが、月の石の調査が現在進んでおり、月と地球の誕生は45億年前と言われているが、調査で分かったのはそれより遥かに昔の53億年前の物と分かったという話があります。そのことからもう一つの仮説が上がっています。

月空洞説、人工物説

月の調査が行われていく中で、現在までに分かっている事で不思議なことがあります。それは、月の表面の密度に比べ、内部の密度が低かったとされているのです。

通常の惑星であれば、内部の密度の方が高く表面の密度の方が低いとされているのですが、何故なのでしょうか。

そのことから、月は人工的に作られた惑星であり、内部は空洞に近い状態なのではないか唱え

る者も現れ始めているというのです。かなりぶっ飛んだ話ですが、現在ではNASAの研究者た

ちの中でも支持されつつあると言うのです。ただ、月の密度についての話を鵜呑みにしている

だけではなく、実際に月は巨大な鐘の様に振動し、さらには月の内部にダンパーが入っている

かのように全体的に揺れを観測したデータがあるからである。

また、異星人と交信できる、バシャールのダリル・アンカの話だと月には複数の宇宙人が存在

しているという話もありますし、月にはまだまだ多くの謎がありますね。

スーパームーンと地震のつながり

昨今の日本で注目が集まっているのは自然災害ですよね?昨年から台風や地震がとても多く感じられています。今回取り上げた、スーパームーンもその自然災害と繋がりがあるのではないかという噂があるのです。それは、2011年に発生した、東北地方太平洋沖地震や、2004年のスマトラ島沖地震など巨大地震発生はスーパームーンと何か関係があるのではないかと言う噂があるのです。

スーパームーン発生の前後2週間以内にこれらの大地震が発生しているためこの様な噂が立ったと考えられます。しかし科学的根拠は現在証明されていない為、有力な話として取り上げられることはありません。しかし、震源の深さが40キロメートル以内の浅い地点で発生する地震については、月の引力により、力が大きくなればなる程、発生する可能性が高くなるという学説があるとされている。

いずれにせよ、最近南海トラフ地震の発生など注目が集まっていることもあり、年内に何か起きてもおかしくないのではないかと思えてなりません。もしかすると人工地震なども月とのつながりが何かあるのかもしれません。

都市伝説的ニュース バックNo

    1. 新年早々3日早朝 徳島県剣山上空で火球の目撃談が!!
    2. 27年ぶりの値上げポピュラーなドリンク コカ・コーラ
    3. 地球外生命体からの信号か?中国が月の裏側に到達!!
    4. 1/17屋久島近隣の島で大規模な噴火が発生 地震の予兆か?
    5. 2019年初(1/21)スーパームーンと月にまつわる噂
    6. ローマ教皇 38年ぶりの来日決定?
    7. 2019年 人類滅亡までのカウントダウン 世界終末時計の残り時間
    8. キューバでも隕石落下か?飛び交う憶測
    9. 地震の前兆か??日本海域で深海の使いが目撃される
    10. 2019年(2/20)2回目で今年最後のスーパームーン 知られざる月の力
    11. テンプル騎士団との繋があった中世ヨーロッパの十字軍騎士のミイラが破壊
    12. 天才物理学者アルベルト・アインシュタインの手紙がオークションにその内容とは??
    13. Facebook CEOザッカーバーグ インターネットへの警鐘
    14. 新元号【令和】からみる新世界秩序の序章

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする