【都市伝説的ニュース】Facebook CEOザッカーバーグ インターネットへの警鐘

シェア宜しくお願いします。

皆様こんにちわ!今の世の中インターネットが欠かせなくなった我々にとってインターネット内での秩序は重大な事だと思いますが、今回はFacebookザッカーバーグがインターネットのあり方について触れているニュースがございましたので皆様にご紹介したいと思います。

過去の都市伝説的ニュースもご確認ください。記事の最後にはタイトル別に分けておりますのでそちらからもご確認いただけます。

FB社ザッカーバーグがNWの秩序について語る【ニュース】

Simon SteinbergerによるPixabayからの画像 

3月30日にアメリカのワシントンポスト社へインターネット規制強化について、各国政府、規制当局が今後インターネットの規制について積極的に動く必要があると訴えた。

ザッカーバーグは自身がCEOを務めるFacebookなどの大手IT企業は、全人類の生活の上に提供しているテクノロジーについて責任があり、安全なインターネット社会を保つ為、様々な決断をしている。SNSなどのインターネットコミュニティの安全が重要であり、秩序が無ければ今後、今までの様な決断が難しくなると述べた。

同氏は、有害コンテンツを定義するための基準と、それをオンラインプラットフォームから削除するためのガイドラインを規制当局が設定すれば、Facebookのようなプラットフォーマーが安全のために行動しやすくなると語った。

出典:Wikipedia

ザッカーバーグはその中で重要視する必要がある4つで秩序について触れている。

その秩序が【人に対しての非難や人を傷つける投稿】、【選挙を妨げる投稿】、【各種サービス情報で取得されたデータのポータビリティー化】【個人情報保護の強化】である。

また、ザッカーバーグは2016年に自身も批判されたフェイクニュースの拡散や、Facebook社の個人情報流出なども例に挙げており、決められた秩序について対応する事は可能だが、コンテンツの問題性については先に挙げた各国政府や規制当局の判断にゆだねる姿勢であることを表した。

関連記事




シェア宜しくお願いします。

フォロー宜しくお願いします。