【都市伝説的ニュース】天才物理学者アルベルト・アインシュタインの手紙がオークションにその内容とは??

シェア宜しくお願いします。

皆様こんにちわ!久しぶりに興味深いニュースがございましたので皆様にご紹介したいと思います。今年に入ってから非常に興味深く、自然災害や世界3大宗教に関するニュースが多くありますが、今回はその中でも歴史上の偉人のアルベルト・アインシュタインに関するニュースですので、都市伝説好きには欠かせない情報です。

過去の都市伝説的ニュースもご確認ください。記事の最後にはタイトル別に分けておりますのでそちらからもご確認いただけます。

アルベルト・アインシュタインの手紙が競売に【ニュース】

Nate D.Sanders

当サイトでも取り上げた事のある、相対性理論の提唱者であるドイツ出身のユダヤ人天才物理学者のアルベルト・アインシュタインの直筆の手紙が本日28日Nate D.sandersでオークションで出品されました。

今回出品されたアルベルト・アインシュタインの直筆の手紙は4種で中でも注目を集めている手紙が、1921年~1939年に書かれたもので第二次世界大戦前に書かれたもので、

1通は1921年に妹のマヤ・アインシュタインに送ったもので、ユダヤ人虐殺を予言する様な内容であり、ユダヤ人であるアインシュタインは身の危険を感じミュンヘン行きを断る内容でミュンヘンはアンチユダヤ教への憎悪が蔓延っていると記されているそうだ。

1通は1934年にアインシュタインの最初の妻ミレヴァ・マリッチに宛てた手紙で、生存するため自らの行動に規制をかけていると記し、さらには『ヒトラーの狂気が原因だ!私の周りの人は、みな人生を完全に壊された』とも記されていた。

1通は1939年、第2次世界大戦がはじまる数か月前のもので、『ユダヤ人が数千年間生き延びる原動力となっていた抵抗力は助け合いの伝統があったからこそ』と記されていた。

OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像 

当時のドイツ国首相であったアドルフ・ヒトラー狂気を強く糾弾する内容であり、ユダヤ人迫害について当時の近況がわかる内容である。

オークションの落札最小価格は$25,000(日本円275万)でスタートされており、現在記事を書いている段階ではまだ入札者は現れていないようだ。

因みにその他にも自身の相対性理論についてのサインされたものなども出品されており、非常に興味深いものが多くオークションにかけられている。

関連記事




シェア宜しくお願いします。

フォロー宜しくお願いします。