神をも超える?宇宙人化?知られざるトランスヒューマニズムの世界

シェア宜しくお願いします。

皆様こんにちわ!大変ご無沙汰しております、いろいろと諸事情があり更新できておりませんでしたが、これより更新頻度を上げていきますのでよろしければ他の記事についてもご覧いただければ幸いでございます。

やりすぎ都市伝説 2019春 2時間スペシャルでも関さんによって取り上げられていましたが、今後人類はあらゆる進化が必要となってくるその中で選択しの一つとして今回お話しさせて頂く、トランスヒューマニズムがあります。皆さまは今後の人類のあり方についてどの様に考えていくのでしょうか。

最期に日本トランスヒューマニスト協会の説明会に行った際の画像なども載せていますので、トランスヒューマニズムに関して知識を深めることができると思います。

トランスヒューマニズムとは

Pete LinforthによるPixabayからの画像 

昨今トランスヒューマニズムは2016年トランプ氏が大統領となったアメリカ大統領選挙でトランスヒューマニスト党の動きがあったことから世間に広まりつつありますが、そもそもトランスヒューマニズムとはなんなのか。

やりすぎ都市伝説や、世界情勢に詳しい方ならどの様な組織なのか、何をしているのかご存知の方もいるかもしれませんが、その様な方々も今一度おさらいしていただきたい。

そもそもトランスヒューマニズムとはなんなのか。

トランスヒューマニズムの歴史は意外と古く、14世紀頃から言葉、思想は存在していた。

昨今考えられるトランスヒューマニズムとはナノテクノロジー,バイオテクノロジー,認知科学,情報技術,仮想現実,人工知能,精神転送,クライオニクスなど人類の生まれながらにして持った力では出来ない、あらゆる技術を支持しており、人間が人間以上の超越した存在になる為に科学技術を使用できると考え、使用すべきであると考えられている。

事実、薬品やDNA操作によって寿命操作・肉体強化はもちろんの事、やりすぎ都市伝説でもやっていたが、脳とコンピュータの接続などあらゆる事が可能となっているのである。

もちろん今後、日本でも流通していくであろう、体内へのマイクロチップ埋め込みもトランスヒューマニスト協会が促進している。

トランスヒューマニズムの思想について

Gerd AltmannによるPixabayからの画像 

かなり割愛した文面ですが、トランスヒューマニズムについてご説明させていただきました。

トランスヒューマニスト協会の会長であり、オックスフォード大学の所長である、ニック・ボストロムはスウェーデン人の哲学者である。

更に、哲学者、マックス・モアは『生命を促進する原則と価値観を元に科学技術によって現在の人間の形、人間の限界を超えた知的生命体の進化の継続と加速を追及する生命哲学の一種である。』と提唱している。

哲学と言えば、私個人的にあまり学がないものでその様な勉学をしてきていませんが、生活していく中で答えのない、正解のない学問であり、現代で最も必要な学問なのではないかと思っています。それは、流行りや、メディアなどに情報操作をされる世の中で何が一番大事なのかを考え行動する事が必要だとされているからである。

考え方的にはかなり大きな枠での考え方になるかもしれないが、アカシックレコードの記事でチャネリングなどについて触れいる、人類が元々持っている力、第六感、第七感を呼び起こす為のツールとしてもトランスヒューマニズムは使われるのではないでしょうか。

そして現在も徐々に起こっているポールシフトによって起こっている異常気象など、様々なことに対応できる超人類への大きな進化の一歩になり得るのではないでしょうか。

関連記事




シェア宜しくお願いします。

フォロー宜しくお願いします。