【都市伝説】ロシアの睡眠実験

ロシアの睡眠実験

?€?????????????????€??????????????´???????

話は1940年代の終わり頃の話、ソビエトの研究者は5人の囚人を密閉室で封印し、長時間の睡眠不足の影響を実験するために眠らない様に覚醒剤ガスを流した。彼らの行動は、24時間観察され、。彼らは30日間眠らなけば自由を約束された…。

最初の数日はうまくいっていませんでした。しかし、5日目までに、被験者はストレスの兆候を見せ始め、その状況を憂慮した研究者は、受刑者との会話をやめ、代わりにマイク越しに話をする様にした。

「stress」の画像検索結果

9日目に、1人の被験者は叫びはじめ、別の被験者は、数時間にわたって叫んで部屋の周りを走っているのが観察された。その様子はこの世のものでは無い様な叫び越えで声帯が傷つくほどのものであったとの事。しかし中には静かな被験者もいたが、本を裂き始め自分の便でページを塗りつぶしてマジックミラーの窓に貼り付け、観察されないようする者もいた。

やがて、叫び声が止み、被験者は完全にコミュニケーションを止めた。部屋の中から音がなく3日が過ぎました。最悪事態を恐れて、研究者は様子を見るため、檻へ向かい「調査のために部屋を開けるので、ドアから離れ床に這って下さい。言う通りにしなければ撃つ。いう通りにすれば、早めに自由を得ることが出来る」と伝えた。

「zombie」の画像検索結果

すると被験者は「我々は解放されたくない」と答えた。檻を開けると、与えていたはずの食事はなくなっておらず、被験者の口の周りは血の様なものが付着しており、体中は自らで?きむしったのか傷だらけの状態であった。その状態を見かねて、研究者は実験を終了することに決めた。15日目の深夜、覚醒ガスと新鮮な空気を交換し開放の準備を進め、被験者は恐怖のように叫び始め、ガスを戻すように頼んだ。それでも解放の準備を進めるため、武装兵を数人送り込むが被験者の一人が襲い掛かり銃を盗み武装兵の一人を射殺し、その銃で自らを撃ちぬいた。

その後、残された4名を治療するも、3名は衰弱が激しく死んでしまった。

最後に残った一人をカウンセリングし、『お前は何者だ』と質問したところ、『忘れてしまったのか?私はお前だ!お前の闇だ』と答え、近くにあったペンでカウンセラーの首を刺しそこに駆け付けた武装兵に銃殺された。最後の一言は『だから…ほぼ自由…』

事実はどうなのでしょう?

「guinness world records」の画像検索結果

不眠のギネス最長記録11日が最長で、1964年当時のサンディエゴの高校生”ランディガードナー”が樹立した記録で当日の様子は以下のようになっている。

  1. 3日目には記憶力が大幅に低下し始めます。
  2. 4日目にはイライラし始めます。
  3. 5日を超えると、人間不信、記憶障害、白日夢を見るなど身体にメンタル身体に影響が出始める。
  4. 9日目には5日目以降の症状にプラスして視力の低下や被害妄想、顔の表情も作れない状態となり11日で記録は終了しました。

あながち、ロシア睡眠実験も嘘では無い様に思えますが、記録としては特に残っていないく、事実は不明とのこと。ちなみに現在不眠のギネスは人体への影響が大きすぎリスクが高いため、行われていないそうです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

都市伝説に関してこんなこと書いて欲しいなどあれば、お問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いでございます。もちろん都市伝説以外の記事も更新していきますので宜しくお願いいたします。

その他シリーズ

■都市伝説
メインの都市伝説をお届けするシリーズです。
■フリーメイソン
都市伝説には欠かせない秘密結社フリーメイソンに関連する記事です。
■都市伝説的ニュース
メインの都市伝説とは少し外れ、リアルタイムなニュースとニュースに関する都市伝説をお届けするシリーズです。
■ミステリースポット
世界に点在する、絶景スポットや謎多い場所などをご紹介する記事であり都市伝説とのつながりも関係する場所なども紹介するシリーズです。
金曜ロードショー
日本テレビで放送される番組で、放送される作品に関する記事です。作品の豆知識や都市伝説などがあれば合わせてご紹介するシリーズです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする