エジプトだけじゃなかった!!世界各地にあるピラミッド 新発見も??

皆様こんにちわ!

前回は、巨人ネフィリムについて触れましたが、今回は、また古代文明にかかわるもの

ピラミッドについてお話させていただきたいと思います。

そもそもピラミッドとはなに?

三角錐形に石を積み作り上げられた古代遺跡のことで、エジプト・中南米によく見られる、巨大建造物の総称をいう。有名なものはやはり古代エジプトギザのピラミッドである。古にはこれらは金字塔とも言われていた。

ピラミッドの建設は多数の奴隷を用いた強制労働によるという説が主流であったが、奴隷を徴用した証拠がないという点から一部の研究者には疑問を抱かれていた。近年のピラミッド労働者の村の発掘で、労働者たちが妻や子供といった家族と共に暮らしていた証拠や、怪我に対して外科治療が行われていた痕跡が墓地の死体から見つかり、現在では奴隷労働説は否定されつつある。

ギザのピラミッドとは

世界七不思議の一つで唯一残っている建造物です。

エジプト ギザのピラミッドは三大ピラミッドクフ王のピラミッドカフラー王のピラミッドメンカウラー王のピラミッドなどのピラミッド群をいう。

クフ王のピラミッド

クフ王のピラミッドは三大ピラミッドの中で一番大きく、高さ146m,底辺の長さは230m

1954年にクフ王ピラミッド付近から長さが43m以上ある木製の船がバラバラの状態で発掘された、それを【太陽の船 クフ王の船】とされている。
エジプトのギザをピラミッド建設の場所と選んで理由は、この地は岩盤となっていて地盤が安定していること、材料である石灰石が周辺で採掘でき、建築に適していた為にこの地を選んだとされています。

王の間
重量軽減の間
大回廊
通気口
王妃の間
脱出口
地下の間
下降通路
入口
盗掘口
上昇通路

ピラミッドの内部への入口はあり、中心部にある王の玄室まで入ることが可能であるが、
現在は本来の入り口は封鎖されており、観光客1日300人の上限を設けられ、9世紀にマアムーンが南側に空けた盗掘用の穴から内部へと入るようになっている。

カフラー王のピラミッド

カフラー王のピラミッドは、三大ピラミッドの中央に位置し、高さは136メートルとクフ王のピラミッドより低いが、ピラミッドの位置に岩盤がある為、見た目はカフラー王のピラミッドの方が高く見える。クフ王のピラミッドとは違い、内部は通路と棺を納める部屋のみである。

東側の葬祭殿から参道が東へと伸びるており、その先にはギザの大スフィンクスが存在する。スフィンクスはピラミッドを守る為にカフラー王によって建設された

又、スフィンクスはもともとカフラー王のピラミッドが立てられる前から存在しており、カフラー王がスフィンクスとの繋がりを持つ様にしたという説もある。

メンカウラー王のピラミッド

メンカウラー王ピラミッドは、三大ピラミッドの中で最小で、高さ65メートルと先に挙げた2つのピラミッドの1/2の大きさである、しかしピラミッド複合体の規模としては、2つのピラミッドに劣らない規模を備えている。

ピラミッドの南側には王妃たちの小ぶりなピラミッドが並んでいる。

又、上の画像の通り、北面に大きな傷跡が残っているが、ピラミッドを破壊を試みたができなくそのままとなった名残のようである。

ギザのピラミッドの位置関係は…

三大ピラミッドの位置関係にはオリオン座説というものが存在し、クフ王、カフラー王、メンカウラー王のピラミッドはオリオン座の3つの☆を表したものであり、ナイル川をMilky Wayに見立てた時、ピラミッドの一がオリオン座の位置関係一致する。

地図をみて確認してみてくださいね。

マヤ文明の遺跡チチェン・イッツァ ククルカンピラミッド

ククルカンの神殿

※ククルカン:マヤ神話の至高神、創造神 で羽毛もつ蛇と呼ばれ、3回にわたり人類の創造にかかわったとされている。

ククルカンピラミッドは階段の数が1年の数365日と一致するんです。1面91段で4面で364段、そしてピラミッドの頂点1段を足すと365段となるんです。そして、1面の階層が9層あり階段の数を見ると18段あるこれはマヤ歴の1年を表している。

それだけでも凄いのですが、さらに北面の階段の一番下にククルカンの頭が彫られており、春分の日・秋分の日の日没頃には西から照らされた階段の影と光でククルカンの胴体が現れる。

このことをククルカンの後輪と呼ばれている。

更にさらに、面白い仕掛けがあり、ククルカンの神殿前で手をたたくとケツァール(グアテマラの国鳥)の鳴き声と一致するんです。これは凄いですよね現代の技術でもなかなかできることではないと思います。

テオティワカン文明 太陽のピラミッド 月のピラミッド

テオティワカン

テオティワカン遺跡は世界最大の宗教都市遺跡としてして有名で、テオティワカン人の宇宙観、宗教観を表し設計された都市であり、南北5キロもある死者の大通りが起点となり、太陽のピラミッド月のピラミッドと配置されている。文化神・農耕神のケツァルコアトル雨と雷(稲妻)の神トラロック、水の女神チャルチウィトリクエ、穀物の神シペ・トテックなどがここで祀られている。

テオティワカンは、12世紀にこの地に来たアステカ人が廃墟となっていた都市を発見し名付けたものでナワトル語で神々の都市という意味がある。

古代都市ウシュマル 魔法使いのピラミッド

ウシュマルは紀元前500年頃に建設が開始されたピラミッドで魔法使いのピラミッドは高さ36m、長さ73m、幅36mの大きさでこれまで紹介したピラミッドとは異なり、正面にのみ頂上の神殿への階段があり、段数は118段ある。

マヤ文明の伝説ではこのピラミッドは魔法使いが温めた卵から小人が産まれ、一晩で完成させたという話があり小人のピラミッドとも呼ばれている。

古代ボスニアのピラミッド

出典:LE PIRAMIDI

2005年ヨーロッパで初めてピラミッドがボスニアで発見された。

土屋植物で覆われていて、一見ただの山の様にも見えるが、調査を行った結果2つの地層の間から、コンクリートブロックが見つかったのだという。地層を調べるとそれは1万2千年前のものだという。

出典:LE PIRAMIDI

これはセミール・オスマナジックという人物が唱えた一説ではあるのだが、世界的には正式に認められておらず、専門家からはかなり非難されているという。しかしながら、オスマナジックの話は非常に好奇心をくすぐられるものである。

オスマナジックによるとヴィソチツァ山を(太陽のピラミッドと名づけ、さらに近くの山を人工衛星などを使いプルジェセヴィカ山(月のピラミッド)と龍のピラミッドを見つけ名付けた。またほかにも地球のピラミッド愛のピラミッドも存在するという。

サラエボ測地研究所のエンヴァー・ブザによると、太陽のっピラミッドは正確に北を向いていて、さらに月のピラミッドは3つの三角面と平らな頂点をもつ階段型のピラミッドであると主張している。

また太陽のピラミッドは測量の結果、高さ220mあり、これはギザのピラミッドを遥かに超える世界最大のピラミッドと言える。

ボスニアのピラミッドにはまだ謎がある。ピラミッド周辺から明らかに人工物と思えるほどの直径3mもある石の球体が発見されていたりのそれは太陽のピラミッドの上部から28kHzのエネルギービームが確認されているのだ。

ほかにもピラミッド間は複雑に入り組んだ通路も発見されているとのことである。

まだまだ、調査段階ではあるが、誰にも邪魔されずに発掘を進め正式に認められる程の大発見をしてほしいものである。

太陽のピラミッド位置

火星にもピラミッドが存在した?

1971年NASA マリナー9号が火星の軌道上から撮影した写真に小さなものから大きなものまで複数のピラミッドが映り込んでいた最大の大きさ約1000mにも及ぶものであったそうです。また、ピラミッドだけではなくスフィンクスも存在しているというから驚きである。

火星探査機キュリオシティ

火星のピラミッドとされるものの一部

火星のスフィンクスとされるもの

また、ピラミッドやスフィンクスだけではなく、少々こじつけかもしれないが人の顔の様な岩も発見されているこれは1976年にNASAのバイキング1号が撮影した画像である。

火星の人面岩

ピラミッドについてのつぶやき

ピラミッドについてある程度上げてみましたが、正直まだまだ書きたいことはあるのですが、少々時間がかかってしまうので、気が向いたときに追記っていう感じで更新しようかと思います。ここに書ききれていないピラミッドも実は存在していたりします。もちろん我が国、日本にもあるとかないとかって話もあります。ピラミッドと言えば、フリーメイソンのシンボルにもなっているあれもありますし、もともと石工職人の団体なのでかかわりについては…って感じですね。

とは言え、都市伝説というものは、少なからず、すべてにおいて繋がりがあるんです、それを拾い集めてつないだ時見えてくるものがあるんだと思います。

因みにピラミッドの形と言えば ”Δ”ですよね。これは”デルタ”といい”D”の文字のもととなったギリシア文字です。感のいい方なら”D”で思い当たることもあると思います。”D”についてはまた別の機会にお話しいたします。 さらに余談ですが、:Dは英語圏で使われる顔文字だそうです。日本でいうところの(^○^)でしょうか…

最後まで読んで頂きありがとうございます。

都市伝説に関してこんなこと書いて欲しいなどあれば、お問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いでございます。また、一度公開している記事も新しい情報があれば追記していくつもりです、あと、都市伝説以外の記事も更新していきますので宜しくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする