予言のカードゲーム イルミナティ・ニューワールドオーダーの実態 New World Order

皆様こんにちわ!前回は聖徳太子についてお話いたしましたが、今回は予言のカードとして有名なイルミナティ・ニューワールドオーダー、通称イルミナティカードについて触れていきたいと思います。

イルミナティーカードとは

出典:koorla.com

アメリカ、テキサス州オースティンにある、ゲーム製作会社・出版社でスティーブ・ジャクソン・ゲームズ(SJG)が1982年に発売したカードゲームである。

ルールはプレイヤーが、争いながら自分の組織に他組織を取り込み、一定数を支配したら勝ち

と言うんもので、秘密組織のイルミナティをゲーム化したものであり、ロバート・アントン・ウィルソン、ロバート・シェイが1975年に発表した小説【イルミナティ】に感化されて作成したものである。

今となっては、カードに描かれている絵が昨今の事件と酷似しており、予言されていた物なのではないかと噂になっている不思議なカードである。

因みに、このカードは1994年 オリジン賞 ベストカードゲームを受賞している。

SJG社強制捜査について

SJG社は過去にシークレットサービスに強制捜査をされたことがある。

それは1990年の事で、サイバーパンクをテーマにした書籍、ガープス・サイバーパンクの原書が押収された、しかしこれは偶然であり、実際は強制捜査の目的とは関係がなかった。

出典:amazon

SJG社の発表によると、社員の1人がコンピュータ犯罪に関わる怪しい電子掲示板に関与していたことだとするものであった。SJG社の電子掲示板Illuminati BBSに使用されたサーバーやPCなどが押収され、捜査理由については数か月明かされなかった。

予言に関わるカードと実際のNEWS

昨今、天災や事件が多発していますが、その天災や事件が事前に予言されていたらどうでしょうか?予言の話はドラクエの回や、聖徳太子の回でもあげましたが、この予言のカードはかなり好奇心をそそられるものである。

9.11 アメリカ同時多発テロ事件

2001年に発生した歴史的大事件で2018年現在になってもまだまだ

記憶に残った卑劣なテロである。そんな事件が1995年発売のカードに予言されていた。

信憑性云々ではないあまりにも絵が酷似している。

ましてやこのカードの名は、ILUMINATI NEW WORLD ORDERなのだ。

 

ワールドトレードセンター

このカードを横にすると911の文字も見えますね。わかりますか?

 

ペンタゴン

この事件は、アルカイダによる自爆テロで戦争の引き金になりましたが、

実際のところはどうなんでしょうか。 戦争をして利益を得る事が出来る者がいたとしたら…

3.11 東日本大震災 福島原発事故

こちらも記憶に新しい2011年に発生した、東日本大震災そして福島原発事故である。

左のカードが原子炉の崩壊を表し、右のカードが津波を表している。

確かに福島原発の事故、大津波は福島で起こったが、なぜこのカードが東日本大震災および、福島原発事故だと噂されているのか。

 

それが、9.11と同じくこのカードにも数字が隠されているのです。

このカードを上下逆さにすると3.11が浮かび上がります。

とは言え、この地震もただの天災なのでしょうか。陰謀論のスイッチをオンに

すると、人口地震ではないかと考えてしまいます。

その人工地震を表しているカードも存在するそれが下のカードです。

この人工地震は何点か説があり、1つがCCS、そしてもう一つがテスラが作ったとされるHAARPを利用されるものの2つである。

そしてその可能性のある直近の大きな地震でいうと、

2004年10月23日新潟県中越地震、2011年3月11日東日本大震災

2016年4月14日熊本地震、2018年9月6日北海道胆振東部地震が餌食になってしまった可能性があるんです。

この他にも複数の地震があり、大勢が犠牲になっているが、確かに天災は仕方のない事かもしれないが、人工地震の可能性は大いにある。それが、実験のためなのか、誰かの利益のためなのか…

ロシア隕石墜落

これもただの隕石の絵を描いているカードだと思われるかもしれません、しかしよくこのカードを見ていただきたい。隕石の形が不自然な形をしていると思いませんか。

そうです、この形がゆえにロシア隕石墜落と噂されているのです。

2013年2月19日ロシアのウラル山脈南部のチェリャビンスク州に隕石が落ちました。

この隕石の墜落の衝撃波で近隣の建物が損壊して約1500人が重軽傷を負いました。

この隕石はチェバルクリ湖に落ち。その実際の穴はきれいに円系になっており、周囲にひびなどは入っていなかった。

 出典:暇つぶしニュース!

腑に落ちない部分があります、それは実際に隕石が落ちたなら、すぐに対処すべきはずですが、実際に隕石が引き上げられたのは7か月後だったんです。

何故でしょうか?UFOではないかと言う噂もたっていたのですが、実際には隕石墜落でもUFO墜落でもなく、宇宙兵器だという話があるのです。

宇宙から異星人によって攻撃をされたのだろうか…そうではない。

アメリカではすでに宇宙兵器の開発が進んでおり国防高等研究計画局(DARPA)が開発したFalcon HTV2と言うものがある。

どうでしょうか?イルミナティカードの隕石に酷似してませんか?これがこのカードの噂になったものです。

そして、このFalcon HTV2 アメリカに負けるわけにいかないロシアはこのFalcon HTV2を追撃するため開発を進め作ったのがFalcon HTV2に似せたダミー兵器を作ったがこれが湖に墜落したというのが事実の様である。

トランプ大統領?

これもかなり有名ですが、知らない方はいるのでしょうか?もう一度お話しますが、このカードの発売は1995年でトランプ大統領が就任したのは、2017年の事です。

 

今後起こる可能性、判明する可能性の予言

■オリンピック期間中のテロ事件

カード前方にいる人々の衣服の色が、五輪と同じ色ということから、オリンピック中のテロ事件ではないかと予想されている。また、右上の時計台が銀座和光の時計台にそっくりだということから、2020年東京オリンピック中にテロが発生するのではないかと噂になっている。

しかし別の説もあり、ソチオリンピック中に発生したボルゴグラードでの自爆テロではないかというものもある。確かにボルゴグラード駅の時計台も似ている。

■横浜壊滅

カード後方にある黒い建物、見覚えがある方もいるのではないでしょうか。

横浜にあるインターコンチネンタルホテルの形に似ていることから、横浜壊滅状態になるのでは、と噂になっているカードです。その原因は地震でしょうか、戦争でしょうか、詳細はその時にならないとわかりませんが、カードの前方に原子力マークがあるのと、壁に映っている影が気になります。

■第3次世界大戦

カードに書かれている通り、第三次世界大戦を予言しているものと思われます。

これから起こってしまうのか、その時人類はどうなるのか。

今のうちから自分がどの様な行動をとるべきかを考えていく必要がある。

イルミナティカードについてのつぶやき

イルミナティカードはまだまだ種類があり、その中には予言と思われるものも複数ある。

このカードからわかることは、都市伝説は単体で動いているのではなく、すべてが繋がっていることを思い知らされます。それは歴史に登場するもの、神話、現代の企業、戦争、天災、事件、今は何もできなくても、しかるべき時にある程度の知識を入れておくのは必要なことかもしれません。それがぶっ飛んだ話であってもバカにするのではなく、そんな話もあるんだなと

聞くだけで構いません。ただ、すべての情報を鵜呑みにするのも正しい判断ではないのです。

Mr.都市伝説 関さんも仰っていましたが、自分で考え行動する時代が来ているってことですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

都市伝説に関してこんなこと書いて欲しいなどあれば、お問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いでございます。また、一度公開している記事も新しい情報があれば追記していくつもりです、あと、都市伝説以外の記事も更新していきますので宜しくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする