【金曜ロードショー】4/5 平成狸合戦ぽんぽこ (隠しキャラクター有)

皆様こんにちわ!今回は、2019年4月5日放送予定のスタジオジブリがお送りする

平成たぬき合戦ぽんぽこについてお話させて頂ければと思います。

新元号が決まる週に平成の名前が付くタイトルを持ってくるところ粋ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

平成狸合戦ぽんぽこ【金曜ロードショー】

社会的問題と、日本の言い伝えや、昔話で語られ、日本の古き良き時代との

狭間を描いたジブリ作品が4月5日金曜ロードショーで放送されます。

原作・脚本・監督:高畑 勲

企画:宮崎 駿

プロデューサー:鈴木敏夫

主題歌:いつでも誰かが 上々颱風(シャンシャンタイフーン)

上々颱風「いつでも誰かが」~がんばろう日本!みんなの応援歌 ♪~

STORY

♪フレーフレー鷹ヶ森  フレーフレー鈴ヶ森

♪鷹ヶ森が今日消えた 鈴ヶ森は明日消える

♪狸はだぶつき居場所がない だぶつき狸はどこへ行く どこへも行けないお陀仏だ

♪赤勝て、青勝て、どっちも負けろ! 負けた狸はぶっ殺せ!皆の為だぶっ殺せ!

♪死なばもろとも ナンマイダ 狸を減らせ レンゲキョウ

♪残った狸は身を謹んで 子供増やすな ナンマイダ

♪子供増やせば元の木阿弥(もくあみ) 森が無いんだ レンゲキョウ

若手狸の世話役であるおろく婆による応援歌、ラップ、お経が混ざった様な歌を歌い現れ、合戦を行っている若狸達の戦いを止め、人間の都市開発によって住む地を徐々に奪われ、食料が無くなっていっていることを唱え危機感を持てと促すところから話は始まる。

昔から狐と狸が持つとされる能力であるばけがくの力を伸ばし、人間に対抗する術を身に付け

奮闘姿を描くしかし、人間の開発は続き窮地に立たされた狸達はいよいよ人間との直接対決に挑むそのの結果とは…。

主な声の出演と役柄

作中ナレーション:三代目 古今亭志ん朝

正吉:野々村真

おキヨ:石田ゆり子

青左衛門:三木のり平

おろく婆:故 清川虹子

権太:泉谷しげる

隠神刑部:芦屋雁之助

文太:村田雄浩

ぽん吉:林家こぶ平(九代目 林家正蔵)

竜太郎:福澤 朗

佐助:林原めぐみ

六代目金長:三代目 桂 米朝

太三朗禿狸:五代目 桂 文枝

鶴亀和尚:5代目 柳家小さん

 

出演者を見ていただければお気付きかと思いますが、本作品は落語家の方が多く

出演されています。それもあってか、ほかのジブリ作品と見比べても話に引き込まれ

て行く印象が強い作品です。昔話の様な古今亭志ん朝のナレーションが癖になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました