陰謀論か?未来型便利システムか?地震・気象兵器と呼ばれるHAARP

皆様こんにちわ!前回はイルミナティカードについてお話いたしましたが、今回は以前、人工地震の中で軽くご紹介いたしましたが、HAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)について前回より深く掘り下げてみたいと思います。

HAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)について

まずHAARPとはどの様なものなのか、高周波活性オーロラ調査プログラム(High Frequency Active Auroral Research Program)の略称であり、アメリカで行われている高層大気と太陽地球系物理学、電波科学に関係するもので、アメリカ海空軍、アラスカ大学、DARPA(国防高等研究計画局)の共同研究の事を言う。

研究の目的は地球の電離層と地球近傍宇宙で起こる現象を調査、理解する事である。

電離層(でんりそう)とは、地球を取り巻く大気の上層部にある分子や原子が、紫外線やエックス線などにより電離した領域である。この領域は電波を反射する性質を持ち、これによって短波帯の電波を用いた遠距離通信が可能である。

出典:steemit

HAARPプラズマ光を発するシステムでもよく知られ、HAARPが使用された後は周囲の雲には人工的な後が残るといわれている。また、プラズマ光なので青白い光が目撃されることもあるという。

HAARP施設の場所について

施設の場所はアラスカ州・ランゲル・セントイライアス国立公園の西にある。

2005年に完成したとされるこの研究施設の建設に2億9000万ドルもの投資が成された。

現在では、全世界二十数カ所に HAARP のアンテナアレイが確認できていて、HAARPのは広がっているもちろん日本にも…。

これは、正確な情報ではないですが、京都大学の施設として、HAARP施設があるという話があります。気になる方は詳しく調べてみてください。

真相はここでは詳しく述べませんが、アラスカ大学、スタンフォード大学、ボストン大学など14以上の大学も関わっている。その事を考えると日本の大学が技術提供していてもおかしくありませんよね?

HAARPの特徴について

それでは、HAARPの特徴について触れていこうと思うが、皆様の思うHAARPとは=気象兵器というような印象でしょうか。真相は明らかではないですが、大いに考えられます。

電離層に電磁波をあてて、熱を加えることで、変質させて反射鏡の様な性質を持たせた層が出来上がるのだ、正しい解釈かはさておき、個人的な解釈としては電離層=反射層が出来上がる。そこに、過去の記事に書いたが交流電送の天才科学者ニコラ・テスラが開発したテスラコイルが必要不可欠となるのだ。それは、電力供給を電波で行おうという実験だったからである。

この電磁波は物理的なものにかなり有効であり、人間を含めた動物たちや大気や地殻がその対象となりうる。それはどういう事を指示しているかお察しの方もいらっしゃると思いますが、

大気に電磁波を発射するとどうなるでしょか?地殻に電磁波を発射するとどうなるでしょうか?そうです、これが気象兵器地震兵器と陰で呼ばれている所以です。

上記の事が出来るのですから、この装置は皆様の創造のななめ上を行っています。

それが、電磁波の周波数を変えることにより人間をマインドコントロールできたり、電磁層にプロジェクターマッピングの様にホログラム映像を投影したり出来てしまうというのだ。

また、この装置の元々の利用方法として、UFOへの遠隔送電だったのではないかと考える人も実際にいます。確かに用途によって周波数を変えたりすると上記の事が出来てしまうと考えるとUFOへの充電機代わりになるのでしょうね。

HAARP・人工地震・悪魔の数字

以前の記事人工地震で北海道胆振東部地震についても少々書きましたが、陰謀論についてもう少し触れてみましょう。ロシアの軍事専門誌では、HAARPについては強力なビームを発生させる地球物理学兵器であるという記事がある、それだけではなくロシアのプーチン大統領も警告をしているのだという。

過去の記事の内容によると、2004年スマトラ島沖地震、2008年 四川大地震、2010年 カンタベリー地震、ハイチ地震はHAARPによるものだと記述している。

そしてHAARPとの関連性はわからないが面白いことがある、以前の記事に悪魔の数字666について触れましたが、すべての地震に隠されているわけではないが面白い数字が浮かび上がってくる。

熊本地震(2016年4月14日)→2+0+1+6+4+1+4=18

東日本大震災(2011年3月11日)⇒ 2+0+1+1+3+11=18

静岡県東部地震(2011年3月15日)⇒ 3+15=18

青海地震(2010年4月14日)⇒ 4+14=18

大分県西部地震(2006年6月12日)⇒ 6+12=18

パキスタン地震(2005年10月8日)⇒ 10+8=18

鹿児島県北西部地震(1997年5月13日)⇒ 5+13=18

阪神・淡路大震災(1995年1月17日)⇒ 1+17=18

18という数字は666と同じ意味を持っていて同じく獣数字なのだ。

少々蛇足したが、人工地震、陰謀論とばれるには理由がある、それは自然に発生する地震の波形と人工地震の波形では全く異なるものだという話がある、それは、東日本大震災を例に挙げているものなのだが、違いは一目瞭然である。

自然の地震は小さな揺れから、徐々に大きくなる波形であるのに対して、人工地震と思われる3・11の波形は、大きな波が最初にきて、小さな波になり、また突然大きな波となる。

不自然極まりないのである。上のデータが記す通り、核実験の波のように、突発的に大きな波が発生し、小さくなる。

HAARPの電磁波の威力なのか、HAARPの誘発力と言うべきなのか、これは人為的行われたものだと考えてしまうのは当然の流れだ。

しかし、これが陰謀だとしたら一体誰が行っているのか…巨大な組織であることは間違いないのだが…

HAARPについてのつぶやき

個人的に、北海道胆振東部地震から、HAARPの存在について興味がわき始め、以前の記事にも記載をしている、事実とは異なるのかもしれないが、都市伝説としてこのHAARPの存在、システム自体は今後の新時代に向けて、良い意味でも悪い意味でも有効活用され行くことだと思っている。今後、氷河期、戦争が行われない、ディズニー映画トゥモローランドの様な世界が

出来たとした場合、UFO?の様な空飛ぶ車などは今後できていく、その時にHAARPの様なシステムは必要不可欠だろう。また、もし戦争で使われてしまった時は、太刀打ちできない状況となり、このシステムがない国は潰されてしまうだろう…その実験をされているのが、地震大国と呼ばれている日本なのだろう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

都市伝説に関してこんなこと書いて欲しいなどあれば、お問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いでございます。また、一度公開している記事も新しい情報があれば追記していくつもりです、あと、都市伝説以外の記事も更新していきますので宜しくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする