会話の出来るゴリラと進化系UMAの脅威

皆様こんにちわ!前回はディズニーランドの創設者ウォルト・ディズニーについてお話いたしましたが、今回は皆様がよく知っている様で知らない動物ゴリラについてお話し致します。

皆様はゴリラを見たことがあるでしょうか。今は動物園に行けばいつでも見られるというのが

当たりまえですが、19世紀に正式に確認されるまでは、ネッシービッグフットなどと同じUMAの一つだったんです。

当時は目撃情報があっても動物学者達は『そんなに大きな猿人類が存在するわけがない』と信じていなかったそうです。

ゴリラとはどんな動物なのか

正式名称はGorilla gorilla(ご入力ではありません)と呼ばれ、体長150cm~180cm体重80kg~180kg オスとメスの体格差はかなりありオスの方が大きい。

生息地はウガンダ、アンゴラ、コンゴ、カメルーン、ナイジェリア東部などで、ゴリラは大まかに2種類に分けられ、西部個体群ローランドゴリラ 東部個体群マウンテンゴリラとされている。

人の血液型はABO式で表せるが、ゴリラの血液は人の血液と比較が出来ない。

体毛の色は黒や暗灰褐色であるが、オスは生後13年ほど経つと背中の体毛が白くなり、これを通称シルバーバックと言われている。また、生後18年で後頭部が突出してくる。

会話のできるゴリラ ココ

最近まで、人間と会話ができるゴリラが存在していた。

と言っても言葉をしゃべるのではなく、手話でのやり取りができるゴリラである。

その名はハナビコ、通称ココと呼ばれていた、ココはメスのローランドゴリラで世界で初めて手話を使い人間との会話に成功した。

生後3か月頃に心理学研究者フランシーヌ・パターソンと出会い、手話を習い、2千語以上の英単語を使いこなし、時にはジョークなども言っていた。

ココ、ペットを飼う

ココは絵本を読み聞かせてもらう事があり、その中に出てくる猫を非常に気に入った。

その事を知り、おもちゃの猫を与えところ、ココは気に入ら無かった。

そこで、実験という意味合いも含め、本物の子猫をココにプレゼントすることを決め、3匹の子猫を用意しココに選ばせた、すると、ココはその中のしっぽのない自分と同じ1匹を選んだ。

その子猫をボールと名づけ、ゴリラのココと子猫のボールの生活が始まった。

飼育員達はゴリラの腕力などを考えると、ボールは直ぐに殺されてしまうのではないかと心配していたが、そんな心配とは裏腹に、ココボールを抱きかかえ、体をなめたりし人間がペットに愛情を注ぐのと同じ様にボールへ愛情を持って育てていた。

そんな幸せを送っていたある日、ボールは車にひかれてなくなってしまった。

そのことを、ココに伝えたがココは酷く落ち込み、『話したくない』とパターソンに伝えしばらくは立ち直れなかったといいます。

落ち着いてきたある日、ココに対して死の概念を聞いた、

パターソン『ゴリラはいつ死ぬ?』

ココ『年をとって病気で死ぬ』

パターソン『その時何か感じる?』

ココ『眠る』

パターソン『死んだらどこへ行くの?』

ココ『苦痛のない穴にさようなら』

その後は複数の猫を与えてもらったココは仲良く暮らした。

ココが人類へ向けたメッセージ

ボールへの愛情表現から、ココの優しさは皆様にも伝わった事と思いますが、そんなココが人間へのメッセージがある。

I am Gorilla    私はゴリラ

…I am flowers, animals …私は花 動物

I am Nature 私は自然

Man Koko love ココ、人間大好き

Earth Koko love ココ、地球大好き

But Man stupid… だけど、人間はバカ

…Stupid …バカ

Koko sorry… ココ、残念

…Koko cry. ココ、悲しい

Time hurry! 時間がない、急いで!

Fix Earth! Help Earth! 地球を治して! 地球を助けて!

Hurry! 急いで!

Protect Earth… 地球を保護して…

…Nature see you. …自然はあなたを見ている

Thank you. ありがとう

個人的な解釈だが、文章にするとこうなるのかなと思います。

『私は自然の生き物、ゴリラのハナビコ』

『私は人間が大好き、地球が大好き』

『だけど人間は愚かな生き物、私は悲しい』

『急いで時間がないの、地球を守って自然を大切にして』

『自然はあなた方を見ているから』

『聞いてくれてありがとう』

こんなにやさしく、頭の良いココも今年2018年6月19にこの世を去ってしまいました。

享年46歳でした。

ゴリラの進化系UMA

2003年にアフリカのコンゴ共和国から北へ200kmの奥地ビリの森と呼ばれる場所に群で生息していて、ライオンをも襲う恐ろしい猿人類が発見されているという。

その凶暴さ故にライオンイーターと呼ばれ現地では恐れられている。

見た目はゴリラそのものだがしかし、ゴリラより身長が高く180cm~200cm程あり、二足歩行で移動するそうです。イメージとしてはビックフット、イエティなどに近いのではないでしょうか。

チンパンジーとゴリラの交配種ではないかとの噂もあるが、確認できていない以上定かではない。ただ、交配種はかなり多く確認されている。

出典:LIGER WORLD

ライオンとトラの交配種:ライガー

出典:Macroevolution.net

ヒョウとライオンの交配種:レオポン

など実際に交配種がある以上まったくの嘘とも言えない。

ただ、知性を持ち、凶暴なのであれば、もし出会ってしまった場合は死を覚悟しなければいけませんね。

ゴリラについてのつぶやき

心温まるココの話のあとにUMAの話を持ってくるあたり、自分の残念なクリエイトセンスに少々落ち込んでいますが、やりすぎ都市伝説のLINEライブで関さんが口を滑らせたゴリラの言葉ですが、ココの話だったのかは正直わかりませんが、少なからずココはすごい能力を持ったゴリラだったのは間違いありません。

いろんな情報が入り乱れていて、ゴリラの遺伝子についてはあいまいですが、欧米の研究チームがゴリラのゲノムを調査し解読したところ、ゴリラのDNAと人間のDNAはチンパンジーより類似しているという話があります。

アヌンナキの話で少し取り上げましたが、人類創生はアヌンナキによってもたらされたものとした場合、もしかするとゴリラの祖先はアヌンナキによってDNA交配されたものだったのかもしれませんね

最後まで読んで頂きありがとうございます。

都市伝説に関してこんなこと書いて欲しいなどあれば、お問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いでございます。また、一度公開している記事も新しい情報があれば追記していくつもりです、あと、都市伝説以外の記事も更新していきますので宜しくお願いいたします。

その他シリーズ

■都市伝説
メインの都市伝説をお届けするシリーズです。
■フリーメイソン
都市伝説には欠かせない秘密結社フリーメイソンに関連する記事です。
■都市伝説的ニュース
メインの都市伝説とは少し外れ、リアルタイムなニュースとニュースに関する都市伝説をお届けするシリーズです。
■ミステリースポット
世界に点在する、絶景スポットや謎多い場所などをご紹介する記事であり都市伝説とのつながりも関係する場所なども紹介するシリーズです。
金曜ロードショー
日本テレビで放送される番組で、放送される作品に関する記事です。作品の豆知識や都市伝説などがあれば合わせてご紹介するシリーズです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする