男性だけではなかったフリーメイソンの外郭団体

皆様こんにちわ!前回はフリーメイソンの歴史についてお話いたしました、今回はフリーメイソンシリーズ第3弾として、フリーメイソンの外郭団体について触れていきたいと思います。

前回の話では、フリーメイソンの歴史や、Dの意志について触れていきましたが、今回も、断片的に、概要しかお届けできませんが、それだけでもかなり興味深いことがわかってくるかと思います。それでは早速行ってみましょう。

下の画像を見ていただければわかるかと思いますが、フリーメイソンには数多くのロッジと外郭団体が存在している様です、そこで今回は外郭団体の一部を見ていきましょう。

出典:pinterest

フリーメイソンのユース組織

出典:Wikipedia

フリーメイソンの入会条件について、以前お話いたしましたが、皆様は覚えているでしょうか?覚えていない方は今一度、シリーズ第1弾をご確認いただきたいのですが、18歳以上の男性収入がそれなりにある事なのですが、それではそれ以外の者はフリーメイソンに関わることは出来ないのでしょうか?

実際にはフリーメイソンに入会は出来ませんが、外郭団体には入会は出来る様です。

それではどのような組織があるのか見てみましょう。

オーダー・オブ・デモレー

出典:prescottenews

デモレー団については、以前の記事ミッ○ーマウスの生みの親ウォルト・ディズニーの謎でも触れていますが、もう少し掘り下げていきたいと思います。

入会資格は12歳から21歳の若い男女であり、何度か名前が出てきているテンプル騎士団

最期の総長である、ジャック・D・モレーにちなんで名づけられた団体である。

直接的に、フリーメイソンとはかかわりはありませんが、関連団体としてフリーメイソンの家族の一部として扱われている。しかしながら、デモレー団への加入条件にはフリーメイソンとは違い、家族等の直接的なつながりは不要で入会ができる。

デモレー団の基本理念
  1. 親密な愛(子供と親の間の愛)
  2. 神聖なものへの敬意
  3. 礼儀
  4. 同志
  5. 忠実度
  6. 清潔さ
  7. 愛国心

それでは、実際にどのような活動を行っているのかですが、フリーメイソンの表向きの活動と同じように、メンバー内の親睦を深めることが中心でバーベキューやピクニック、ボランティア活動やダンスパーティなどです。

これらの活動には、これから挙げる、レインボー・フォー・ガールズジョブズ・ドーターズ・インターナショナルと合同で活動することもある。

基本的にはリーダーシップスキルや責任感を向上させるための組織であり、世界23か国以上にこの組織があり、友情、絆を深めている。

デモレー団の出身には、以前に挙げたウォルト・ディズニーをはじめ、第42代アメリカ合衆国大統領のビル・クリントンなどもおり、さらにはアポロ計画の宇宙飛行士、エドガー・D・ミッチェルなども含まれている。ここにもDの意志は存在しているみたいですね。

レインボー・フォー・ガールズ

出典:Wikipedia

あまり聞き覚えの無い方も多いと思いますが、レインボー・フォー・ガールズデモレー団と同じ様な組織でフリーメイソンのユース組織である。入会条件としては、11歳から20歳の女性となっており、フリーメイソン傘下の組織としてはあまり多くない女性の為の団体である。

元々は、フリーメイソン会員であるマーク・セクソンと言う人物が自身の娘とその友達のために作られた組織であった。

レインボー・フォー・ガールズの基本理念
  1. 最高の存在に対する信仰と他者に対する信仰。
  2. あなたがすることすべてに希望を持つこと。
  3. 他人に対する慈善事業。

実際の主な活動内容は、ボランティア活動や募金活動に力を注いでおり、その中で責任感や友愛精神を育む組織であるとされており、将来的に輝ける人材を輩出している。

レンボー・フォー・ガールズは別名少女のための虹の国際秩序とも呼ばれている。

レインボー・フォー・ガールズの出身者にはアメリカ合衆国で女性初の最高裁判所の判事となったサンドラ・デイ・オコナーや宇宙飛行士のドロシー・メトカーフ・リンデンバーガー等がいます。

ジョブズ・ドーターズ・インターナショナル

出典:FREEMASON INFORMATION

こちらも、日本人の我々にはなじみがない団体ですが、歴史ある団体の一つです。デモレー団レインボー・フォー・ガールズと共にユース団体であり、入会条件は10歳から20歳までの

若い女性で、フリーメイソンと繋がりのあるもの又は、スポンサーとして資金を入れたものとされています。

ジョブズ・ドーターズ・インターナショナル(以後JDI)の名前の由来は聖書のヨブ記から名前がとられており、ヨブ記の時代には、女性は多くの権利を持つことを許されていなく、土地を所有することも相続することもできなかった。彼は、兄弟の間で平等に共有されている遺産を与えました。ヨブの娘たちに与え、彼女らは独立する事が出来た。

このことから、「公正であることは善を行うことである」また、「美徳は女性を非常に美しくする品質である」という考えに特に重点が置かれています。

このことから、JDIヨブの娘たちとも呼ばれている。

JDIの活動内容もデモレー団レインボー・フォー・ガールズと同じくボランティア活動、募金活動に力を入れており、慈愛の心を培う組織である。

出典:IDAHOPRESS

上記の写真はアイダホグランドセッションの国際JDIの際に撮影されたものの様ですが、写真を見ていただけるとすべてが関連団体だということがわかっていただけるかと思います。正面にはフリーメイソンのシンボルマーク、正面上にはイースタンスターの逆五芒星のマーク右上にはデモレー団のシンボルマーク、はすみませんちょっとわからなかったです…。

オーダー・オブ・イースタン・スター

出典:Wikipedia

イースタン・スター(東方の星)は、第3階級のマスター・メイソン、つまり男性の妻や娘など女性の親戚のために創設された組織です。メンバー内の呼び方は、イースタン・スターであっても、呼び方はシスターではなくブラザーと呼び合う。

現在は、性別関係なく、メンバーがいますが、元々は女性のみの組織として成り立っていた。

入会条件は、女性の場合は18歳以上でありマスターメイソンの妻や娘などの親族関係が必要で、男性が入会する場合は、マスターメイソンでなければ入会は許可されない。

しかし特例として、先に挙げた、レインボー・フォー・ガールズJDIを含むフリーメイソンの外郭団体メンバーなどは、許可された年齢になると入会することが可能となる。

また、活動内容だが、やはりこちらも一貫して募金活動などが主であり、フリーメイソンユースのデモレー団レインボー・フォー・ガールズ、JDIの支援も行っている。

出典:International Peace Garden

カナダとアメリカ合衆国の国境上にある、インターナショナル・ピース・ガーデン内にある、チャペルはOESチャペルつまりはオーダー・オブ・イースタン・スター後援のもと作られた施設である。また、偶然か必然かこのピースガーデンにはあの9.11で崩壊した、世界貿易センタービルの建造物の一部がメモリアルとして置かれている。

フリーメイソン外郭団体についてのまとめ

基本的に各サイトを訪問し、サイト内をじっくりと見せていただいたのだが、皆様が思うような、陰謀論に満ちている組織には思えません、実際には表だって言えないことがほとんどなのだと思いますが、フリーメイソンおよび外郭団体は一貫して信仰、友愛を重んじており、とても良い人々の集団に思えます。実際に関さんもその様な事を言っており、涙までしてましたからね。フリーメイソン公式でも、秘密組織ではなく、秘密を持った組織だと言ってました。これは一般企業でもある、企業秘密はあるものですからね。

皆様が期待されている内容ではなかったかもしれませんが、サイト内を見てみると意外と面白い発見や、歴史をたどれるので都市伝説好きはさらに掘り下げてみるのもよいかと思います

因みに、今回は外郭団体についてでしたが、今後階級の話などできれば良いなと思っています。そこで、皆様はフリーメイソンの最上位、又は、世界で一番偉い存在は誰だかご存知でしょうか?

答えは、日本の現天皇(今上天皇/継宮様です。

継宮様の生前退位も後数か月と迫ってきましたが、皆様もご存知の通り譲位は異例の対応なのです。2019年 フリーメイソンの最上位で現天皇で在られる継宮様譲位、これは天皇を辞めざるを得ない状況であり、異例の譲位に踏み込んだと考えられます。

今年2019年何かが動くかもしれませんね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

都市伝説に関してこんなこと書いて欲しいなどあれば、お問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いでございます。また、一度公開している記事も新しい情報があれば追記していくつもりです、あと、都市伝説以外の記事も更新していきますので宜しくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする