フリーメイソンの歴史、テンプル騎士団とキリスト騎士団

皆様こんにちわ!前回はフリーメイソンとユダヤと日本の共通点についてお話いたしました、そこで今回は視点を変えた、フリーメイソンの成り立ちについて触れていきたいと思います。

前回の話では、フリーメイソンの入会条件や、理念について触れていきましたが、正直まだまだ謎がありますよね?本当に一部しか触れられていませんので、今回の記事でもまだまだ情報が足りないと思います。なのでフリーメイソンについてはシリーズ化になるかとおもいます。

それでは早速行ってみましょう。

フリーメイソンが出来上がる前の団体について

今は秘密結社と呼ばれるフリーメイソンにももちろん歴史があり、最初からフリーメイソンと言う名で団体として活動していたわけではありません。それではどのような経緯でフリーメイソンが出来上がったのか一つ一つ触れていきます。

まず、端的にフリーメイソンの歴史を順に追うと以下のようになります。

テンプル騎士団

キリスト騎士団
フリーメイソン

テンプル騎士団

早速ですが、フリーメイソンの根本にあるテンプル騎士団とはどのようなものなのでしょうか。テンプル騎士団は団員が騎士団と言うだけあり、戦士であるしかし、それだけではなく修道士でもあった。彼らは12世紀から13世紀に十字軍の予備軍として作られた団体であり、名前の由来はソロモン王のエルサレム神殿の地に宿舎があったことからその名がついたとされる。

彼らは名だたる王たち、ルイ7世やリチャード1世、フィリップ2世などを助け、名声が轟かせたといわれている。

さらにはテンプル騎士団は保有する資産(団員の所有していた土地や不動産)をすべて換金し、その資金の管理する為に財務システムを発達させ、莫大な資金を所有していたとされる。

ここで余談ですが、現在の銀行システム、FRBを牛耳っているのは誰でしょうか?前回フリーメイソンとユダヤと日本の共通点でも軽く触れましたが、ロックフェラー一族ロスチャイルド一族

ですよね?このことを頭に再度入れていただいて続きを読んでほしいのです。

また、テンプル騎士団は名声だけではなくも手にした。

ここでも気になることは無いでしょうか?わかる方はわかると思いますが、アニメONEPIECE

の過去のオープニングで下記の様な事を語られています。

富・名声・力、この世のすべてを手に入れた男、海賊王・ゴールドロジャー。彼の死に際に放った一言は人々を海に駆り立てた。「俺の財宝か? 欲しけりゃくれてやる。探せ! この世の全てをそこに置いてきた!」

まぁこれも余談でしたね!すみませんお話したい事がうまくまとまらずついつい脱線してしまいました。ただ、この話も忘れないでいただきたいので…。

さて、話を戻しますが、富・名声・力を手に入れたテンプル騎士団だが、その財力などを嫉んだ当時のフランスの王、フィリップ4世は、キリスト教徒が聞いたら非難殺到する様な罪状で当時のテンプル騎士団総長のジャック・ド・モレーを含む団員15,000人を捕らえ、総長のジャック・ド・モレーを火刑に処したとされます。

これが、テンプル騎士団の最後とされています。

出典:Wikipedia

過去の総長一覧と受け継がれる意志

テンプル騎士団の歴代の総長には共通点があります、それが、名前の真ん中、日本人にはあまり馴染みはないですが、ミドルネームにdeの文字が有る者がほとんどなのです。まぁあまり不思議ではないと思います、サッカーの国際試合などを見ていると、○○ビッチなど、ほとんどの選手につくことが多いですから。

しかし、○○ビッチの様な意味合いとは全く異なる高貴なものだということを皆様はご存知でしょうか?

このdeがミドルネームに入る人物は貴族を表すんです!この貴族とはどのようなものなのか…

それが前回のフリーメイソンとユダヤの話とつながり、これからさらに日ユ同祖論の話につながっていきます。 貴族=12支族=ユダヤ…

そしてこのdeDと表現されており、先ほども上げたONEPIECEで必ず出てくる、Dの意志と表現されているのです。

Hughes de Payens ユーグ・・パイヤン
Robert de Craon ロベール・・クラオン
3 Everard des Barres エヴェラール・・バレス
4 Bernard de Tremelay ベルナール・・トレムレ
5 André de Montbard アンドレ・・モンバール
6 Bertrand de Blanchefort ベルトラン・・ブランシュフォール
7 Philippe de Milly フィリップ・・ミリー
8 Odo de St Amand オドー・ド・サンタマン
9 Arnaud de Toroge アルノー・・トロージュ
10 Gérard de Ridefort ジェラール・・リドフォール
11 Robert de Sablé ロベール・・サブレ
12 Gilbert Horal ジルベール・オラル
13 Phillipe de Plessis フィリップ・・プレシス
14 Guillaume de Chartres ギヨーム・・シャルトル
15 Pedro de Montaigu ペドロ・・モンタギュー
16 Armand de Périgord アルマン・・ペリゴール
17 Richard de Bures リシャール・・ビュレ
18 Guillaume de Sonnac ギヨーム・・ソナク
19 Renaud de Vichiers ルノー・・ヴィシエ
20 Thomas Bérard トマ・ベラール
21 Guillaume de Beaujeu ギヨーム・・ボージュー
22 Thibaud Gaudin ティボー・ゴーダン
23 Jacques de Molay ジャック・・モレー

そして、以前記事にしたウォルト・ディズニーも所属していたとされるデモレー団の名前の由来が、このジャック・ド・モレーの名前と意志を継いだ団体なのです。

まさしく、Dの意志ですよね?まぁDの意志の歴史の一部に過ぎないのですが…

それでは、受け継がれる意志の続きを確認していきましょう。

キリスト騎士団

テンプル騎士団最後の総長ジャック・ド・モレーが処刑をされテンプル騎士団は消滅してしまった、しかし、テンプル騎士団、Dの意志は引き継がれていましたそれが、キリスト騎士団である。

キリスト騎士団はローマ教皇の命令によって、テンプル騎士団と同等の勲章あを与えられ、更には、テンプル騎士団の財産の一部を与えられた。

その強大な富を得たキリスト騎士団は巨船を作り、海洋へと飛び出して行くことになる。

テンプル騎士団の指導者には航海王エンリケが就任した。

※航海王エンリケは当時のポルトガル王子でもあった。

エンリケ王子は研究所を作り、航海術などの研究を進め、数多くの航海者を輩出し西アフリカ海岸探検などに航海者を派遣し、海洋探索の基礎を作ったとされる。

キリスト騎士団の航海に乗船していた偉人

キリスト騎士団の航海には教科書に載るレベルの偉人も乗船していたのです。

しかし、キリスト騎士団だったということは教科書に載っていません

ヴァスコ・ダ・ガマ

ヨーロッパ人初となるインドへの航路を発見した人物

として知られている人物である、ヴァスコ・ダ・ガマ

キリスト騎士団の高級幹部の一人であった。

出典:Wikipedia 

フランシスコ・ザビエル

日本やインドにキリスト教を宣教した

カトリック教会の聖人でである。

出典:Wikipedia 

クリストファー・コロンブス

アメリカ大陸を発見した人物とされていた

探検家である。アメリカ大陸発見の定義については

議論があるが、ここでは触れない。

出典:Wikipedia 

これらの歴史的偉人が関わってきたキリスト騎士団だが、1910年にポルトガル王国の消滅とともに、廃止され解散となってしまった。

その後に元キリスト騎士団の一部が石工職人となり、その後にフリーメイソンができたという流れになる。この様にユダヤの意志改め、Dの意志は引き継がれていくのである。

フリーメイソンの成り立ちついてのつぶやき

少々駆け足でフリーメイソンの成り立ちについて触れてみましたが、詳細についてはまた別の機会に触れたいと思います。ここまで、あまり多くないですが記事を書いてきた中で、不思議とすべての事がつながっている事に皆様気づいていただけていますでしょうか?

まぁあまり関係ないものも息抜きで記事にしていることもあるのですが、それは皆様も分かっていただけていると思っていますが…。

前回、今回のフリーメイソンについてのお話はやはり、現代ではフリーメイソンが中心として回っているだけあって記して置きたいことがたくさんありますのでシリーズ3も書きたいと思います。

因みに、繋がりについていまいちわからないという方は、自分なりに解釈しているキーワードをこの下に記します。

キーワード 現在過去未来 主な関連記事
人類起源 過去 人類起源説アヌンナキってどんな奴?人類創造神?
ユダヤ 過去 知っておくべき!!フリーメイソンとユダヤと日本の意外な共通点
フリーメイソン 現在過去未来 知っておくべき!!フリーメイソンとユダヤと日本の意外な共通点

上に挙げたのは直接的に関係してくる重要なキーワードですが、私の書いている記事はそれに関わる人物や関連団体の話も書いています。

正直、一つ一つ広く深く調べないと繋がりを紐解くのは非常に難しいので、まずは過去の歴史を一つ一つ自分の頭に叩き込んで、現在の都市伝説につなげなければ間違った解釈になってしまうのかと思います。その為、関さんも仰っている時期が来たらと言う言葉は、万人が怖がったりパニックにならない様に話せる内容を選別してお話ししていただいているのだと思います。

なので、聖書や神話、歴史的建造物等から紐解ける事があるのでそういったことから調べてみると面白いかもしれません。

最期まで読んでいただきありがとうございました。

都市伝説に関してこんなこと書いて欲しいなどあれば、お問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いでございます。また、一度公開している記事も新しい情報があれば追記していくつもりです、あと、都市伝説以外の記事も更新していきますので宜しくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする