謎多き空港 デンバー国際空港 Denver International Airport

皆様こんにちわ!前回はプルス・ウルトラについてお話いたしましたが、今回は、秘密組織もかかわっているアメリカのデンバー国際空港について触れていきます。

デンバー国際空港とは

デンバー国際空港はアメリカ合衆国コロラド州デンバーにある空港で、アメリカでもっとも新しい空港の一つで、1994年に開港されたが、当初の予定では、1993年に開港予定であったが、手荷物処理システムの開発が遅延し4回の遅延を経て開港された。

デンバー国際空港の謎について

タイトルにもある通り、デンバー国際空港には謎が多々ある、まずは、空港の敷地だが、

上空から見ると型をしている。はインダス文明の印章やナチス軍のシンボルマーク、

家紋などにも用いられる。


何かのメッセージ性をもってこの形にしたのか、又は利便性を重視してこの形に

なったのかは、設計者やこの件に関わったもの以外はわかるすべがありません。

デンバー国際空港の謎① 不思議なモニュメント

出典:The Project Avalon Foruum

この不気味な青白い馬のモニュメントはルイス・ヒメネスというアーティストの作品で

彼は、このモニュメントの作成中に死んだとされている。しかし一説によると、彼は殺されたのではないかとの説を唱える者もいるようだ。しかし何れにせよ、このモニュメントの作成者が亡くなった事に変わりはなく、彼の友人たちはこの馬は呪われていると語った。

因みに、ヨハネの黙示録の四騎士には、次の様に記されている。

そこで見ていると、見よ、青白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者の名は「死」と言い、それに黄泉が従っていた。彼らには、地の四分一を支配する権威、および、つるぎと、ききんと、死と、地の獣らとによって人を殺す権威とが、与えられた。

出典:さてはてメモ帳 Imagine & Think!

もう一つは、アヌビス神のモニュメントである、アヌビス神はエジプト神話に登場する冥界神であり、死者の守護神ミイラ作りの神ともされている。アヌビス神の東部は犬、ジャッカルの頭部を持っている。以前、ピラミッドの話で出た、スフィンクスの頭部の元々の形は、このアヌビス神の東部、ジャッカルの顔だったのではないか、ともいわれている。また、人類起源説の話で挙げたが、そもそもこの頭部は宇宙服の一部だったのではともいわれています。

少々脱線したが、エジプト神話の神がなぜこのアメリカの地に置かれているのか…。

デンバー国際空港の謎② 奇妙な絵

非常に奇妙な絵の数々であるが、これらの作者はレオ・タングマという

アーティストが描いたもので、彼の絵の特徴として尊厳、正義、自己決定、人権など

を表現することが多いといわれている。この絵にもかなりのメッセージが含まれていることは

間違いない。

参考までに、レオのサイトを見に行ってみると彼の思想なども見えてくるかもしれない。

デンバー国際空港の謎③ ガーゴイルの石像

そもそもガーゴイルとは、雨樋として設けられ、雨水を外に流すための装飾で

あったが、今となってはただの装飾となっている。しかしながら、ガーゴイルには

その他の役割もあり、魔よけとして設置されることもあるそうだ。そう考えると

大きな施設にあっても不思議ではないと思ってしまうが、空港の様な大型で万人が

利用する施設の屋内にあるのは違和感を感じてしまう。

また、画像を見ての通り、トランクケースの中にいて尚且つ舌をだしているから気に

なってしまう。アインシュタインも同じ舌だしをして写真に写っていたのを思い出します。

関係性はないと思うのですが…。

デンバー国際空港の謎④ 秘密組織フリーメイソンの刻印

出典:The Project Avalon Foruum

WELLINGTON E.WEBB. MAYOR

ウェリントン・ウェブ(元デンバー市長)

COVERNOR ROY R. ROMER

ロイ・レーマー(元コロラド州知事)

SEC. OF TRANS. FEDERICO PENA

フェデリコ・ペナ(元米国運輸長官)

THE TIME CAPSULE BENEATH THIS STONE

CONTAINS MESSAGES AND MEMORABILIA

TO THE PEOPLE OF COLORADO IN 2094

2094年のコロラド州の人々の為に

メッセージおよび記念品を

この石版の下にタイムカプセルを残す

THE MOST WORSHIPFUL PRINCE HALL GRAND

LODGE F.&A.M.OF COLORADO AND

JURISDICTION CLAUDE W GRAY SR GRAND MASTER

最も崇高なプリンセス・ホール・グランドロッヂ

クラウド・W・グレイ・SR グランドマスター

THE MOST WORSHIPFUL

GRAND LODGE OF A.F & A.M

OF COLORADO

BENJAMIN H.BELL JR

GRAND MASTER

最も崇高なコロラドブルーロッヂ

ベンジャミン・H・ベル・Jr グランドマスター

NEW WORLD AIRPORT COMMISSION

CONTRIBUTOPS

MARTIN MARIETTA AERONAUTICS

FENTRESS BRADBURN ARCHITECTS

ZIMMERMAN METALS

新世界空港任務

貢献

マーティン・マリエッタ航空

建築家フェントレス・ブラッドバーン

ジンメマンメタルス

ほぼ、直訳になってしまうが、石版に記されてることを文字に起こしてみた。

基本的には、空港建設に貢献した人々などが記されている記念碑なのでしょう。

しかしながら、やはり気になるのは、フリーメイソンの関与です。

2名のグランドマスターの名前が記されていることがこの施設の重大さを物語っている様な

気がしてなりません。また、石版中央の記述の2094年と記されているのはもしかすると

New World Orderの完了する年を指してるのかもしれません。

デンバー国際空港の謎⑤ 地下施設

この空港には、地下施設があることは、すでにわかっていることの様だが、この地下施設が

、用途が明らかになっていない為、物議を呼ぶのだ。一番多く上がっている説が、地球外生命体の隠れ家であるとか、地球外生命体の研究所だとかと言う話がある。

とある人物が、開港前にこの施設を調査したと言う話があり、プレゼンテーションで地球外生命体などにかかわる地球外の金属などの物理的証拠と写真を出したことによりこの説が生まれているようである。

実際のところ、これも闇の中なのである、なぜならその人物はプレゼンの数か月後に自宅アパートでピアノ線が首に巻き付いている状態で亡くなって居たというのである。

あくまでも都市伝説であることを祈るばかりである。深入りは危険を伴うということだ。

デンバー国際空港についてのつぶやき

今回の件は、信憑性云々より、都市伝説好きの心をくすぐる内容だと思います。

実際にフリーメイソンの関与、歴史上辿るとつながるものがこの施設には多々あるのです。

初回しきれていないものもまだありますが、一つ一つ時間をかければつながってくるはず、

しかし、深入り、タイミングを誤ってはいけないと思います。

最期まで読んでいただきありがとうございました。

都市伝説に関してこんなこと書いて欲しいなどあれば、お問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いでございます。また、一度公開している記事も新しい情報があれば追記していくつもりです、あと、都市伝説以外の記事も更新していきますので宜しくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする