都市伝説一覧

陰謀論か?未来型便利システムか?地震・気象兵器と呼ばれるHAARP

自然の地震は小さな揺れから、徐々に大きくなる波形であるのに対して、人工地震と思われる3・11の波形は、大きな波が最初にきて、小さな波になり、また突然大きな波となる。不自然極まりないのである。上のデータが記す通り、核実験の波のように、突発的に大きな波が発生し、小さくなる。

相対性理論の生みの親、アルベルト・アインシュタインと秘密組織の繋がり  Albert Einstein

その秘密組織の名はPLUSULTRA、ラテン語で【もっと先へ】、【さらなる前進】を意味している。この組織は映画トゥモローランドで、登場したことにより実しやかにささやかれているのだ。創設者は、二コラ・テスラ、トーマス・エジソン、ジュール・ベルヌ、ギュスターヴ・エッフェルであり、ウォルト・ディズニー、アインシュタインは後に

予言のカードゲーム イルミナティ・ニューワールドオーダーの実態 New World Order

これもただの隕石の絵を描いているカードだと思われるかもしれません、しかしよくこのカードを見ていただきたい。隕石の形が不自然な形をしていると思いませんか。そうです、この形がゆえにロシア隕石墜落と噂されているのです。2013年2月19日ロシアのウラル山脈南部のチェリャビンスク州に隕石が落ちました。この隕石の墜落の衝撃...

王族の血筋、教科書には乗らない聖徳太子の謎と予言書

飛鳥時代(592年~710年)を象徴する人物で、31代天皇 用明天皇(ようめい)の第2子として生をを授かる。叔母には33代天皇 推古天皇(すいこ)がおり、推古天皇によって、太子は摂政※1に抜擢される。ちなみに聖徳太子(574年~622年)とは諡名(おくりな)であり、生前の名前は厩戸皇子(うまやどのみこ、うまやどのおうじ

会話の出来るゴリラと進化系UMAの脅威

最近まで、人間と会話ができるゴリラが存在していた。 と言っても言葉をしゃべるのではなく、手話でのやり取りができるゴリラである。 その名はハナビコ、通称ココと呼ばれていた、ココはメスのローランドゴリラで世界で初めて手話を使い人間との会話に成功した。

エヴァンゲリオンに隠された聖槍と暗号

【セカンドインパクト】と呼ばれる大災害により総人口の半分を失った地球を舞台とし、中学生の子供たちが人類の未来を託され奮闘する物語なのだが、キャラクターの精神的な世界観を表現した。視聴率は高いと言えるものではなかったが、放送囚虜後に精神的世界観などの表現が斬新とされ物議を呼び賛否両論ありとなり、非常に話題となった。

未来を予言している?ドラクエにまつわる噂 DRAGON QUEST

昨今のゲームではセーブ(保存)をするのは当たり前ですがファミコンの時代はセーブ機能はなく、ゲームオーバーしてしまうと最初からゲームを開始しなければいけないかった。また、ロールプレイングゲームなど、繋がりがあり長時間クリアまでにかかわるゲームはパスワードが発行されて...

超絶美少女ミイラ ロザリア・ロンバルド Rosalia Lombardo

世界一美しいといわれているミイラの名前はロザリア・ロンバルド彼女は1920年に2歳にも満たず急性肺炎に患いこの世を去ってしまった。 ロザリアがなくなった事に悲しみに暮れてしまった両親は、当時、遺体防腐処理で著名であったアルフレッド・サラフィア医師に遺体の保存を依頼した。