フリーメイソン一覧

【都市伝説的ニュース】仏北西部の村、ロゼッタ・ストーンの発見か?謎の文字が刻まれた岩の解読に懸賞金

フランスの大手メディア、AFP通信によると、フランス北西部に位置する、ワインの名産地としても有名なブルターニュ地方の村、プルガステル・ダウラ村で、ロゼッタ・ストーンではないかと噂される岩があるといいます。何故噂どまりなのかだが、4年ほど前にこの岩が見つかってから、地元の専門家が調査を進めているが解読が出来ておらず...

世界情勢の裏にある重大な会議 世界統一政府ビルダーバーグ会議

始まりは1954年頃、反アメリカ主義がヨーロッパに広がり始めていた事を喧伝しポーランド人政治家がオランダ王配ベルンハルトやデビッド・ロックフェラーに欧米の有力者を集め定期的に国際的な会議を行えないかと訴えベルンハルトが各所に掛け合いオランダのホテル・デ・ビルダーバーグで執り行われる事となった。

New World Orderにおける第三次世界大戦のシナリオ??フリーメイソンの黒い教皇の存在

パイクはアメリカ南北戦争時の南部連合の将軍の一人であった人物である。しかし、パイクの肩書はそれだけではなく、彼はフリーメイソンの会員であり、18世紀には埋没したとされるイルミナティの最高幹部であったというのである。事実は異なるのかもしれないが、フリーメイソンの思想の中にイルミナティがあるとする噂が多くあることか...

フリーメイソンの歴史、テンプル騎士団とキリスト騎士団

テンプル騎士団の歴代の総長には共通点があります、それが、名前の真ん中、日本人にはあまり馴染みはないですが、ミドルネームにdeの文字が有る者がほとんどなのです。まぁあまり不思議ではないと思います、サッカーの国際試合などを見ていると、○○ビッチなど、ほとんどの選手につくことが多いですから。

知っておくべき!!フリーメイソンとユダヤと日本の意外な共通点

文字をつなぐと、M・A・S・O・N 【MASON】となるのです。これによって、アメリカの通貨発行権には、フリーメイソンがかかわっていることがわかります。またその通貨発行権に深くかかわるのがロスチャイルド一族・ロックフェラー一族であり、彼らはユダヤの血を引くものだと噂があるのです。