人類起源説アヌンナキってどんな奴?人類創造神?

皆様こんにちわ!

今回は、都市伝説でよく出てくるアヌンナキについてお話ししたいと思います。

そもそも、この話はゼカリア・シッチンが粘土板などから読み解き唱えた説である。

?€?Anunnaki?€??????????????´???????

アヌンナキとは

シュメール神話アッカド神話に関係する神々の集団であるとされているが、太陽系第10惑星ニビルを拠点とした、地球外生命体の一種と考えられている。人類紀元説に関わる。見た目は人間とさほど変わりはないが、身長が3~10mの巨体を持ち、寿命は数十万年とだいぶ、ぶっ飛んでいる。

因みに、惑星ニビル一年は地球での3600年に相当する。

アンヌナキ血統

出典:annunaki

地球にたどり着いた経緯

約45万年前に、大気に異変が起こり、惑星ニビルは絶滅の危機に陥った、

成層圏を維持するためには、大気中に金の粒子を撒きシールドを作るほかなかった。

しかし金の量にも限界があり、金を探すための旅に出たとされる。

たどり着いたのは、地球アラビア海火星それぞれには名前があり、

地球にたどり着いたのは、エンキ、火星についたのイギギという。

エンキは当時のアヌンナキ王アヌの息子とされていて、

ヘブライ聖書ではネフィリムと呼ばれる巨人で天から降りてきた者とされている。

イギギの役割は火星から離れた地球を観察することだった。

彼らの宇宙服は粘土板などにも描かれているをモチーフとしたものだったらしい。

地球にたどり着いてからの行動

地球に到来したエンキは水の中から、金を発見することが出来たが、長期間重労働を強いられたアヌンナキの民は反乱を起こした。エンキはその反乱を鎮めるため、考えた策はルル・アメル(原始的労働者)を作ることだった。

地球に到来する前からアヌンナキは地球に生命体がいるという情報とその生命体がほかの誰かが監視していた事も知っていた。

しかし、ルル・アメルを作ることはアヌンナキの中で反対する者も少なくはなかったが、そもそもアヌンナキ自身もほか宇宙の生命体(宇宙人)から作られたという歴史があることを訴え、その策を実行する賛同を得た。

人類起源説

その後、現在の拠点より100Kmほど離れた場所、アブズ(南東アフリカ)に生命体がいる事を確認した。それが、ホモ・エレクトスの種である猿人である。

ルル・アメルを創り出すための研究を任せられたのが、エンキの妹である科学者ニンマーは

自らの子宮(DNA)を提供した実験、また、猿人の受精卵を入れた器を地球上のほかの生き物のメスの支給に注入するなど実験を繰り返し行っていたが、神話にでてくる翼の生えたライオンや馬の脚を持つ人(ケンタウロス)など、なかなか望んでいたような形(人間)にはならなかった。実験は幾度も改良を加えて行われついに望んでいた形ができた。

その子の名は旧約聖書にも出てくるアダム(アダマ)である。

細かい話になるが、人類起源説の詳細には少々派生というか諸説ありというか話があって

実際に研究に携わったのは、ニンマーではなく、エジプト神話に出てくるニンギシュジッダ(トート神)であるという話もあるが、個人的には話の筋としてニンマーの説が成り立っているかなと思ったのでこちらを記しています。

ちなみに、ニンギシュジッダはエンキの息子と言う説とニンマーの息子という説があり、細かく気になる方はいろいろと調べてみるのもいいかと思います。

また、ダーウィンの進化論が世間では定説となっていますが、なぜこちらの説も有力とされないか個人的には不満です。定説が崩れてしまうことで、各方面から力が働いてしまうんでしょうか。

文明の発達と人類滅亡の危機

アヌンナキが知恵を与えていくと、人類は徐々に数を増やし、文明を築き始めた。

それをよく思わなかったエンキの兄弟のエンリルは人類がアヌンナキを支配することを危惧していた。紀元前1万年に惑星ニビルが地球に近づいてきた3600年周期でたびたび惑星ニビルが近づいていたが、その度に地球では大災害が起こっていた。今回も例外なく、大地震などの災害がおこり、それを察したアヌンナキは惑星ニビルに戻る者もいれば、宇宙船に乗り空中で観察する者もいた。

人類がアヌンナキを支配するのではと考えていた、アヌンナキの王アヌとエンリルは地球で起こる大洪水を利用し人類を滅ぼそうとしたが、エンキとニンギシュジッダは人類を助けることを選んだ。エンキは付き人であるジウスドゥラ(ノア)に船を作るよう命じた。これがまさしくノアの箱舟である。

ノアの大洪水が起こったジウスドゥラ(ノア) 多くの文明は滅びたが、人類は生きていた。その後、文明を復興するため、動き始めた。アヌンナキの力がなければ、人類のみで復興しようとすると何億年もかかってしまうとのこと。

そして、文明の繁栄をする地域としてアヌンナキはメソポタミア、エジプト、インド、シナイ半島とポイントを定めた。

  • メソポタミア(イラク)メソポタミア文明
  • エジプト エジプト文明
  • インド インダス文明
  • シナイ半島 (エジプトの半島)エジプト文明

因みにシッチンが話の中で出す、シュメール人シュメール文明などは

メソポタミア現在のイラクに位置する。

アヌンナキについてのつぶやき

アヌンナキがとてつもない知識を持っている前提の話にはなっているが、なぜ壁画や、粘土板(タブレット)しか残っていないのか何故もっと後世に残りわかりやすい形をとらなかったのかについては腑に落ちないのですが、人類がアヌンナキの知識を超えたという事なのでしょうか。しかしながら、宇宙に飛び出しほかの惑星にたどり着いていない人類はまだまだアヌンナキの知識には到達していないのでしょう。

余談ですが、火星から地球を観察していたというイギギの話について触れましたが、火星に人工物の様なものが多数発見?されているのはご存知でしょうか?もしかすると、数万年前にイギギ達が使っていた施設などが、地球のピラミッドなどの様に劣化あっても残っているのかもしれませんね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

都市伝説に関してこんなこと書いて欲しいなどあれば、お問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いでございます。また、一度公開している記事も新しい情報があれば追記していくつもりです、あと、都市伝説以外の記事も更新していきますので宜しくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする