2010年には計画されていたアングロサクソン・ミッションと新型コロナウイルス

皆様こんにちわ!連日ニュースを騒がせている新型コロナウイルス(COVID-19)ですが、皆様予防や対策は出来ておりますでしょうか?マスクや消毒液の高騰で容易に手に入れられない事と思われますが、手洗いうがいを徹底してできる限り予防を徹底して頂きたいです。

さて、今回はそのコロナウイルスについてかなり衝撃的な動画を見つけましたのでご紹介したいと思います。今回の内容はかなり衝撃的で都市伝説の域を超えているものの為、苦手な方は読むことをおすすめ致しませんが、現在の世界情勢や今後の生活を考えるうえで考えさせられる動画でしたので、出来る限り見て頂きたいです。

ビル・ライアン氏が語るアングロサクソン・ミッション

まず、何より動画を見ていたくのが速いと思いますのでまずは、ビル・ライアン氏の

1時間弱の動画をご覧ください。

JA – アングロサクソン ミッション

ビルの元に訪れた、一人のイギリス人から聞いた話について語り始めます。(仮にXとしましょう)

Xは長年イギリス軍に勤務し、退役後はシティ・オブ・ロンドンで高い地位にいた人物で上級のフリーメイソン等が多く出席する会議に同席した。2005年6月いつもの経済会議だと思い出席した会議でいつもと違う議題である事に気づき、自分がここにいるべきではないと察するも、この会議で何が話し合われるのかを聞いていたというのだ。

その会議には25~30名の上級メイソンが出席しており、その出席者の多くが著名な政治家や警察本部長、教会の代表者などであったという。

この会議で話されていた内容と言うのが、アングロサクソン・ミッションの進捗状況についてだったという。

・イスラエルは今すぐイランを攻撃する準備が出来ているのか。

・中国の経済成長、軍事レベルの強化が脅威となっている。

・金融崩壊について 2008年10月からの事(リーマンショックの事?)

イスラエルのイラン攻撃で始まり、イラン又は中国に報復するような動きとなるという。

長年軍隊に所属していたXは公けになっていないがイランが核兵器を所有していると確信を持っており、中国から内密に核を渡されていると言います。

しかしながら、支配勢力にとってイランが核兵器を持っている事については重要ではなく、むしろその核を切っ掛けに、イランか中国に報復する流れを作りたい。などの会議内容であったという。

コメント

タイトルとURLをコピーしました